ホノルルマラソン 感想文


2011 ホノルルマラソン感想文

2011年チームMomonaの感想文です。

参加者一人一人の感動の記録です。


                                                                                                                    2009年感想文  2010年感想文




2011 ホノルルマラソン感想文

2011年チームMomonaの感想文です。
参加者一人一人の感動の記録です。

--------------------------------------------------------------------------------



以前から参加したかったホノルルマラソン!

70歳にしてようやく現実となり完走できました!!
私のタイムはけっして誇れるものでは有りませんが、楽しく走れた事が嬉しく、自己満足に浸っております。
斉藤コーチはじめスタッフの方々のお陰と感謝いたしております。

斉藤コーチとのお別れの言葉 『死ぬまで走りつずけて下さい』 と声を掛けて下さった事が心に残ります。
これからの私の人生にとって走ることは勿論の事、目的・希望・をもって前進する事で無理をせず、
毎日を精一杯走りつづけ暮らして往きたいと心に誓いました。

参加してよかった~! 楽しかった~!
コーチの皆様方、若いmomonaの仲間達、ほんとうに有難うございました!!

おばぁちやんランナー


--------------------------------------------------------------------------------

*
一言で、momona最高!です。
はじめてのマラソン!はじめてのフルマラソン!はじめてのホノルル!
はじめてのmomona!momona最高!です。

田舎に住んでいるため、練習会にも参加できないまま、
このままホノルルに出発していいのいか?と悩みながらホノルル行の便に乗りました。

そんな私がどうにか6時間半でゴールにたどりつけたのは、
斉藤コーチや津金さんなどmomonaの皆さんとJTBスタッフの方々のおかげです。
本当にありがとうございました。

ホノルルに到着してから、時差ボケトレーニング・コンディショニング&買い物ツアー・フリーマーケットなどに参加し、
マラソンに向けて体調管理と心の準備ができたことが、momonaで参加した大きなメリットだったと思います。
特にテーピングの時に、津金さんに「膝のテーピングより、心にテーピングだな」と言われ、
その通りだと思ったら緊張がとけたように感じました。
コーチやトレーナーの方々の何気ない言葉に支えられました。

マラソン中は、momonaの参加者の方と一緒に走ることで歩くことなく走れました。
一人で走っていたら、すぐに歩いてしまったかもしれません。
また、オプションなどで一緒だった方とは親しみもできていたため、
事前にオプションなどに参加し仲間意識を強めておくことの大切さにも気づきました。
momonaに参加しなければ、出会うことができなかった仲間と励まし合いながら
完走できたことは、素晴らしい体験となりました。

ホノルルマラソンを通じて、体を動かすことの楽しさ・仲間がいる素晴らしさを
あらためて感じました。
私の人生を変えてくれた、momomaに感謝です。
いつかまた、チャンスがあったらmomonaのマラソンツアーに参加したいです。

どすこいの友人より


--------------------------------------------------------------------------------

*
出場を決めたのは8月末…大会まで残り3ヶ月。

走るどころか運動なんて何ひとつしていなかった私。フルマラソンに出るなんて無謀としか言いようがありません。
それでも20代最後の思い出を得たいがため、ダメもとで出場したいとMomonaのS藤氏に伝えたところ、
予想外にも返ってきた答えは「全く問題ありません、完走できますよ。」

そこから始まった3ヶ月の練習メニューは、それは、それは過酷なもの…では全くありませんでした。

まずは、いきなり走るのではなくウォーキングからはじめましょうという初心者にやさしいメニュー。
「これで本当に大丈夫でしょうか?私、もうちょっとがんばれますよ!」と思える内容でした。
そんな無理のない練習が3ヶ月続き、あっという間に大会本番。

「そんな明らかに練習不足のわたしが6時間18分というタイムで完走できたんです!」・・・
なんて言うと、某・英語教材のCMみたいですが(笑)

でも、本当です。私をゴールに導いてくれた明確な理由が3つあります。
1つは、誰が見てもギョッとする、あの水色のテーピング。
あのテーピングは見た目のキツさと同じぐらい効き目も絶大。終始この軟弱ランナーを支えてくれた心強い相棒でした。

もう1つは励まし合い、ともに走ったMomonaの仲間たち。
半べそ掻きながらも、最後まで歩かずに走りきれたのは、みんなのおかげです。

そして最後の1つは、MomonaのS藤氏から毎日送られてくるメールの内容を信じて、
100%それに従ってきたからだと確信しています。

42kmを走りぬく力が尽いたのは、走ることよりもスクワットや腹筋を中心にした練習を言われた通りに続けたからだと思います。
「マラソンは科学」…そう言い切るS籐氏の言葉を、身を持って立証できた気がします。

また、余計な不安や緊張を抱かず、
大会に参加することを目一杯楽しめたのはS籐さんが常に前向きな言葉を与え続けて、
この単純なアタマをことごとく洗脳してくれたおかげです(笑)。

ここに挙げたどれ一つ欠けても、6時間台はおろか、完走することさえも不可能だったように思います。
MomonaのS籐さん、スタッフのみなさん、一緒に走ったランナーのみなさん、本当にありがとうございました!
チームMomona最高~!



--------------------------------------------------------------------------------
*
こんにちは。
2011年の1年間ありがとうございました。
ホノルルマラソンの感想文↓お送りします。

お陰さまで完走・時々歩できました。
ゴールできました。
でも正直、自分の出せる力を出し切ったゴールだったのか?
と自分に問うと、納得いっていません。苦笑

とは、言うものの結果的にゴールできたから思えることだと思います。
なぜなら、走る前はゴールできないんじゃないかという不安でいっぱいで。
ゴール出来たとしても大きな怪我をして帰国することになるんじゃないかと不安だったからです。

私は2011年1月momonaの仲間入りをさせてもらいました。
仲間入りといっても、4月にハーフを無理して走ったせいで怪我をしてしまい全く参加できない。
幽霊部員のような存在でした。
ホノルルまで全く走ることができず、また痛めてしまうことの恐怖のまりました。
でも、斎藤さんの助言を信じて10月頃からほぼ毎日30~1時間マラソンスクワット・腹筋100回をしました。
すごくすごく不安で、斎藤さんに何度も相談しました。
ホノルル滞在中もトレーナーの方にケアをほぼ毎日していただきました。
その結果、ケア・テーピングしてもらったから大丈夫!って不安なくスタートすることが出来ましたし、
ゴールしてからもケアいてもらえるから少々無理しても大丈夫!だいじょぶ!
といった感じで後先考えずにチャレンジすることができたと今感じています。

大阪スタッフの皆さんも幽霊部員の私に温かい言葉をかけてくださいました。
momonaの皆さん、心から有難うございました。

フィニッシュゲートをくぐった瞬間、たぶんもう走らないな。
と正直思いました。笑
達成感でいっぱいになると思っていたのに、それもなかったので。
目標はゴールだったはずなのに、何かやり残したようなモヤモヤした気持ちで。

もう走らないだろうと思っていたはずが、日を追うごとにこれは自分の限界に到達しなかったからじゃないか。
甘えた部分があったから、達成感がわかなかったんじゃないか。
こんな中途半端じゃ終われないんじゃないか。
こら再挑戦すべきじゃないの?!
と思うようになり、なんだかんだ言いながらマラソンという世界にハマってしまったのかもしれません。笑
不思議な気分です。

本当にありがとうございました。
マラソンスクワットだけでゴールできた大阪人。
MT



--------------------------------------------------------------------------------

*
もう参加できないと何回思ったことか…!  でもでも、完走! いえ、完歩!
7:23:21でした!  自分で自分を誉めてますヽ(^。^)ノ!

マラソンとの出逢い
今年1月、フルマラソンは男の人の早歩きで、7時間台で完走出来ると、ある講演会で聞き、
今年2月、500mから始め、5月には5km走れるようになりました。
諏訪の合宿も楽しい思い出です。

予期せぬ出来事
体調に気になる事が有り、ホノルルマラソンの前に調べてみたら…  
何と癌が発覚!  それも2ヶ所も!  乳がんともう一つは下の方(+_+)。
斉藤さんに泣きながらメール。 その返信にまた大泣きしたのが昨日の事の様に思いだされます。
5月末に手術をし、6~9月は何も出来ませんでした。
僅かな希望を持ち、参加の申し込みはしましたが、いつキャンセルしようかと思いつつ日が流れました。

再起動はしたけれど
やっと動けるようになったのが10月。 走ってみたら3kmで息が上がってしまうほどでした。
そして、11月末にやっと5kmを何回かこなせるようになりました。
ホノルルマラソンを来年にしようかとも思いましたが、ホノルルマラソンがあったから分かった癌でした。

お礼詣り
お礼詣りのつもりで参加した、12月11日 ホノルルマラソンホノルルマラソン…ヽ(^。^)ノ!
今日までお世話になった斉藤さん、花原トレーナー、ルームメイトに感謝しながら!
そして、病院でお世話になった先生、勿論、家族にも。

ダイヤモンドヘッドを仰ぎ見、輝く太平洋を見ながら、
私がこの世に生を受け、縁あった全ての人に感謝の気持ちを込めて走って(&歩いて)きました!

ピンクリボン…(乳がんの早期発見、早期治療の大切さのシンボルマーク)
帽子にはピンクリボンのバッジ、ピンクのダチョウの羽根、ピンクのポインセチアを付けて走りました。
私がこのメールで乳がんだった事をなぜお知らせしようと思ったか…。
今、30代、40代から乳がんになる人が増えています。
もしこのメールを見て、ちょっと自分の胸を気にする方が一人でもいて下されば嬉しいです。

今、言える事
ホノルルマラソンがあったから、今、元気です。
Momonaがあったから、今、元気です。
斉藤さんがいたから、走れました。  

全ての出逢いに感謝です!



--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチ、津金さん、スタッフのみなさま

モモナのおかげで完走することができました。
本当にありがとうございました。

特に津金さんには感謝しています。
ヘルニアの手術の経験があるため、再発やケガをするのが怖かったのですが
個別ケアとテーピングの効果がすごかった!!
42.195㎞走った後も全く痛みや違和感が出ませんでした!
走っている途中、痛みと闘いながら走っている方、立ち止まってストレッチをしている方を
たくさん見ました。
その痛みがわかるだけに、テーピングの効果を強く感じると共に感謝しました。
テーピングを取ってホテルに帰る途中、さっきまでの自分の足ではないような感覚になりました。
そこでもテーピングの効果を実感しました。
完走後、手術の跡が腫れていましたがアイシングをしてもらいながらの個別ケアのおかげで
その後まったく問題はありませんでした。
本当にすごい!
個別ケアとテーピングがなかったら・・・津金さんには足を向けて寝れませんW

合宿を通して正しいフォームや知識を教えていただき、友人もたくさんできました。
当初13時間かけて歩いてゴールを目指すつもりが、すっかり、走って笑顔でゴールという目標に変わりました。

たくさんの仲間に支えられ、一緒に走れて、本当に幸せでした。

今でもラスト700メートルのお祭りのような応援と、なかなか近くならないゴールゲートを思い出し
あと少し!あと少し!と自分に言い聞かせていたあの時間を思い出すとわくわくします。

今年もまた、モモナのたくさんの仲間とともに走りたいです!

本当にありがとうございました。
Mahalo~♪

IK



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンお疲れ様でした。
このレースが初のフルマラソンとなりました。
メール講習会や諏訪湖合宿の指導のおかげで、本番に向けて良いコンディションに仕上げて自信を持って本番に望むことができました。
またレース中の沿道からの応援やコース途中のMOMONAの皆さんとお互い声をかけ合い励まし合いながら走っていたので、
30kmを越えたあたりから足の筋肉が痛み続けたものの、不思議と心が折れず完走することができました。
当初完走することができればよいと考え、6時間ペースの集団について行きましたが、
2回目のエイドステーションで6時間ペース集団からはぐれ、気付けば6時間ペースの集団が全く見えなくなりました。
おそらく6時間ペースの集団の前を走っているのだと思い、数少ない前を行くMOMONAランナーの皆さんに声をかけながらも1人で走り続けました。
結果5時間台で完走することができました!
できれば数人で並走してゴールしたかったというのが本音です。
フルマラソンは確かに苦しい戦いではありました。かと言ってマラソンが嫌になったというわけではなく、
ますます好きになりました!
おそらくホノルルが初マラソンであったこと、MOMONAの恵まれた仲間達と共に走り、完走の喜びを分かち合えたからだと思います。
ホノルルマラソンを目標として走る一年は最高でした。
2012年は40周年記念となるホノルルを逃せませんが、ホノルル以外の大会も目指してみたいです。
本当にありがとうございました!

R.N



--------------------------------------------------------------------------------

*
ありがとうございました!

ホノルルマラソン、完走まで引っ張っていただいて本当にありがとうございます。
思い出すだけでキラキラと輝く、とても素敵な思い出が出来ました!

私はマラソンを始めて2年。
フルマラソンは3回目のヘタレ市民ランナーです。

『マラソンをするならいつかはホノルルだよね!』
という会社の先輩の一言からホノルルマラソンを走ろうと思いました。
今回は6時間・仮装で楽しく完走が目標でした。

日々の練習は夏に膝を痛めたり(外傷)、なかなか練習時間が確保できず。
合宿と懇親会に参加して、何度も「マラソンスクワットと腹筋をするように」とおっしゃる斎藤コーチの言葉を信じ
本当にスクワットと腹筋・体幹トレだけでホノルルに挑みました。

ホノルルに到着後は時差ぼけトレ、観光ツアーを楽しみ、レース当日。
スタート地点までみんなでワイワイバスに揺られて向かい、花火の中スタート。
最初は集団について行ったのに、興奮して写真を撮っているうちに集団を見失うミス!!
不安の中
「大丈夫。ペースを守って走っていたら合流できる。200人以上の仲間がこの中にいる!」
と自分を励ましながら1人旅を続けました。
17~18キロ付近・高速道路に入ってから一人で走るmomona仲間を発見。
声を掛けながら走るうちに30キロ地点でmomona集団に合流!
再び皆と走ることが出来ました。

疲れた!
しんどい!
日差しが暑い!
歩いてしまいたい!
だけど前を見れば同じ「青いテーピング」「momonaゼッケン」の仲間がいる。
その存在に励まされながら走り続けることが出来ました。

目標の6時間はオーバーしたけど、かけがえのない思い出が出来ました。
20代最後にこんなに素敵な思い出が出来て幸せです。
チームmomonaのみんな、ありがとうございます。

TS



--------------------------------------------------------------------------------

*
お世話になりました。

マラソン中には、手の振り方や、姿勢、腰を高く等、ふたりで注意しながら走りました。

「momona走りが良かったね。」とふたりで実感しました。

すれ違ったり、追い越し追いぬかれ時にmomonaの皆様に声をかけて頂き、
気分転換になりました。

スタッフの方々の気持の良い対応には、頭が下がり、
頑張って走らなければという薬になりました。
有難うございました。
Me Ka mahalo !

HA



--------------------------------------------------------------------------------

*
おはようございます。
昨日無事東京夕方自宅に戻ることができました。
腰を痛めていろいろありまして一ヶ月 走ることが
できずスクワットでがんばり、走れるのかといらいらして、当日迎えましたが、
レースの二回目の休憩の25キロまで走れる事ができました。びっくり…そのあとは友とはぐれ
一人でさみしく
走ったり歩いたりで 最後の坂の前後あたりで
モモナの三人組に声かけ出会ってゴールまで
いっしょに走り 最後は四人で手をつなぎ空高く上げゴールしました。これがモモナのいい所ですね。
声かけですね(^-^)/斉藤さん 言ってた事ですね!

ゴール時間は12時2・3分でした。
12時前に入りたかったのですが残念!

テープとマッサージのおかげか、翌日も筋肉痛のみで痛む場所はありませんでした。
この歳でありがたいです。

斉藤さん
ほんとうにいろいろありがとうございました。
そして個別ケアでお世話になった はなさきさん いろいろ教えていただき、又いやがらずにやさしく何度も調整してもらい助かりました。
よろしく伝えて下さい。
そしてスタッフの皆さんにもありがとうございました。

OK



--------------------------------------------------------------------------------

*
お世話になりました.

斉藤さん、津金さん、その他スタッフの皆さん大変お世話になり有難うございまし
た、元気に勤務しております。
全てが初めてずくめて戸惑いましたが無事走りきれた事を皆様に感謝致します、次
の海外マラソンは2013年のパリマラソン参加を予定しております、その時は又、宜
しくお願い致します。
HM



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回は本当にありがとうございました!
言葉で表し切れないほど感謝しております。
父も斎藤さんには感謝に尽きないと申しておりました。色々と御指導、お心遣い本当にありがとうございます。

斎藤さんや、津金さん、花原さん、健太さん、浮洲さん、かなえさん、井上さん、金子さん、小路さん、山本さんはじめ、
momonaの皆様のおかげで、なんとか親子とも無事ゴールできました。感謝してもしきれません。

今回沢山の事を学ばせて頂きました。斎藤さんがマラソンを通して人生が変わるとおっしゃっていたのはほんとだなあと実感しています。

・無理だと決めつけずに、大目標を決めてそれに向け努力する事
・力が付き、目に見えるようになるまでには時間がかかるという事。
 だからあきらめないで続ける事。
・毎日の積み重ねが大切で、忙しい中いかにタイムマネジメントするかという事
・習慣づけ出来るよう工夫する方法
・自分の弱点とその克服方法
・専門家の意見を聞き、素直に聞く事
・綿密に計画を立てても、その通りには行かない事。ではどうするかということ。
・準備、整理、ゆとりの大切さ
・斎藤さんはじめ、コーチの皆さん、トレーナーの皆さん、ボランティアスタッフの皆さん、モモナの仲間、先輩達、家族や友人、
そして水知らずの現地の方たちの応援や現地のボランティアの皆さま、街の方たちなど、どんなに多くの方々に支えられているかという事
・仲間やサポートして下さる方々がいるから頑張れるということ
・自分にとって何が大切なのかということ

まだまだありますが、書ききれません。本当に、斎藤さんはじめ全てのモモナの方々、
現地の方々、JTBの方々、ホノルルマラソンを通して出会えた色々な方に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも練習は続けていければと思います。
本当に本当にどうもありがとうございました!!
斎藤さんはじめ、トレーナーやモモナスタッフの皆様にお疲れのでませんように。

TY



--------------------------------------------------------------------------------

*
> 来年の参加者へ

私も参加する予定です。今度は一緒についていけるように頑張ってみます。

> ホノルルマラソンに参加して感じたこと

トイレは男性の後に並びましょう。
結構トイレタイムがロスになることを感じました。

> なぜ、ホノルルマラソンを走ったのか

4年ほど前にある男性が60歳でマラソンデビューをし、その後世界中で仕事で出かけるごとにマラソンにも参加していることを知りました。
その事がずっと頭からはなれずあり続け、昨年ふとしたことで言いだしっぺとなり今年の時間制限の無いマラソンデビューとなりました。

> Momonaへのメッセージ

ぜひともギネスを目指してください。

私も今回を皮切りに続けたいと思っていku棔「后・・実匸来年春には地元の10Kとハーフに出てみます。
それから
ハワイはマウイとホノルルに参加したいと思っています。
やさしいメールでのアドバイスをよろしくお願いします。

> トレーナーへのメッセージ・・・

津金さん いつも間違えてしまいごめんなさい。

今回直接ケアのお世話になった花原さん・健太さん、ありがとう。

> ・・・経験談や感想をください。

今年2011年は、苦手なことへのチャレンジでした。
ホノルルマラソンに参加することになったのもそのひとつ。一番驚いたのは最も身近な家族でした。
なんとしてもgive upだけはしないと決めていたので、半ば・後半あたりからは休むことも無く歩き続け、
気持ちは元気なままゴールすることが出来ました。ゴールしたその時に家に電話して『おめでとう』の声を聞き、嬉しかったです。
今後はマラソンに走って参加できるように頑張ってみたいです。



--------------------------------------------------------------------------------

*
楽しい思い出を沢山有難うございました。

今回のホノルルマラソンには特にお二人の力添えが何よりも大きく、2年前に体重が80KGSもあった

小職にはまず不可能と思われた還暦初マラソンが怪我も無く終われたことは

まさに奇跡的であり至上の喜びと申せます。深謝します。

かくなるうえは来年は念願であった体重65KGSを達成し、また再度ホノルルマラソンに

挑戦して、今年より1秒でもいいタイムでゴールしたいと誓いを新たにしました。

今後とも宜しくお願い致します。頼りにしております。

KN



--------------------------------------------------------------------------------

*
MH♂です。
毎年TVでマラソン中継を見るたび一度はフルを走りたいと漠然と思っていました。
今年の正月に家族で海外旅行に行こうと言う話になり、どうせならハワイ観光を兼
ねてホノルルマラソンに参加しようと決定。
webを色々探しながらmomonaにお願いしようと思い登録いたしました、メールやメー
ル講習会、震災直後の諏訪湖での合宿で斉藤さんが言う、目からウロコでした。
しかし4月に練習中に右ひざに激痛が走り1~2ヶ月満足に走れない状態が続きまし
た、治癒率80~90%の状態で悶々とした気持ちの中、ホノルルマラソンへの挑戦と
なりました。
斉藤さんからは機内食は食べるな、アルコールは厳禁とは言われながら家族を持て
成すあまり、前日以外はワイン等を嗜んでおりました、前日はステーキハウスで完
走祈願の29も食べてしまいました、スイマセン。
前日ケア、テーピングをしていただきましたが当日右ひざに鈍い痛みを抱えたまま
のスタートとなります。
号砲がなりスタートです、自分自身にあまり期待を出来ない状態で6時間弱で走れれ
ば上出来と思い斉藤さんの6時間台チームに付いて行こうと思い走りましたが10km付
近で見失い後は単独走行、自分と同じようなペースの人(後姿がカワイイ女性)に
付きながら走り続けました。
20kmあたりから案の定、右ひざが怪しい状態となり騙しだましての走行、未知の距
離へ入り走れど、走れど残り距離が減っていきません。
何度もくじけそうになりましたが明けない夜は無い、止まない雨は無いと思い、エ
イドステーション以外は歩かずに走り続けましたが、最後の登りではついに2~300
mは歩いてしまいましたが最後の直線でfinishゲートが見えた時はやっと終わったと
いう安堵感と感動のゴール、両膝、両足首は限界に来ていましたが何とか歩いてJTB
のテントへ行き、ゴールした事を伝えmomonaテントでマッサージ、マッサージ中に
両足が痙攣しましたが少し休憩をして完走Tシャツをもらい14:00の完走者集合写真
には時間があったのでホテルへ帰りシャワーを浴びしばし休憩、足は思ったよりダ
メージは少なく一安心。
これもケア、テーピングのおかげだと確信しています。
途中、撮影ポイントでsmileと書かれた看板にも辛くてあまり反応出来ず、沿道の応
援していただいた人々、ボランティアの方とも最初はハイタッチしていましたが後
半は辛くてそれも出来ず、反省しております。
momonaのスタッフの方々の手厚い支援のおかげて無事完走出来ましたことを感謝致
します、目標時間も切ることが出来ました、又、おせわになります。
P.S ホノルルマラソン実行委員会?の方へ トイレの設置が少なすぎるように思います、
又、男女兼用ではなく男子用トイレの設置もお願いします、生理的にも時間的に
も!!



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルル感想文
ホノルルマラソンにエントリーした8月中旬から練習を始めた私。
張り切って練習を始めた2週間後には故障していました。

それからは十分走ることができず、マラソンスクワットと腹筋でホノルルマラソンに臨みました。
諏訪湖合宿や170通以上のメールのおかげで練習不足な私でも前向きな気持ちで楽しく走ることができました。
不安なく臨めたのは、モモナだったからです!!!
事前のマラソン知識とテーピング。同じ目標を持つ仲間。
斉藤さん、コーチのみなさまに感謝しております。有難うございました。

マラソンのタイムは自分の日々の努力がそのままでるスポーツだと実感しました。
次走るときは、斉藤さんと一緒にゴールできるようにこれからも走っていきたいと思います。

またお会いできますように☆彡
?2児のハハ?



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソン完走した河田有利と申します。
本当に楽しくあっという間の日々でした?
無事に完走出来、目標5時間以内の4時間50分で完走出来てとっても楽しいレースでした!

本当にありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
いろいろありがとうございました。私は完走と完歩だったです。
パリでは完走したいです。完走させてください! 真面目にトレーニングします。
でも いろいろお世話になりありがとうございました スタッフの方々にもよろしくお伝えください!
また 駒沢でよろしくお願いします



--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチ、津金さんはじめトレーナー、スタッフのみなさん
ホノルルマラソンお疲れ様でした。
また、一緒に走ったみなさん、ありがとうございました。
いつかフルマラソンを走りたい、そして走るならホノルルマラソンと
ずっと前から決めていました。
今年Momonaという存在を知り、練習会、諏訪湖合宿等に参加して
本当に良かったと思っています。
6時間組の集団から離れて一人旅だなぁと思ったのも束の間、折り返しの
すれ違いで声を掛け合ったり、ハイタッチしたりと常に仲間を意識出来ました。
スタート前まで完走できるか不安でしたが、Momonaの魔法のテーピングの
おかげで道中は「行ける」って思いながら走ることができ、無事6時間を
切ることが出来ました。
これからも練習会には参加したいと思います。
本当に楽しかったです。ありがとうございました。

SS



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回は3回目のホノルルマラソン参加でした。
斎藤コーチはじめ津金さんほかトレーナーの皆さん、スタッフ皆さんに
はお世話になりありがとうございました。楽しいツアーでした。
過去の暑くて強い日差しのホノルルマラソンとは一変し、強風と雨の
難しいコンディションの中、チームの皆さんと完走でき満足しています。
6時間30分目標のペースメーカーを務めましたが、ゴールまで皆さんを
無事に届けることは責任もありますが、完走の笑顔を見ると今回も
引き受けて良かったと思いました。
ただ一緒に走ったランナーから「真剣な表情でずっと前を向いて走って
いましたね」と言われた言葉は私自身に余裕が少なかったことを気づ
かせてくれました。もう少し笑顔で、写真も撮りながら皆さんと楽しんで
走れるようになることが理想です。

また、バーベキューやバスツアーにも初めて参加して、今までマラソン
一辺倒だったツアーの奥深さも知ることができました。

今年参加した皆さんが今後も走り続けていく姿を応援しながら、そして
来年ホノルルマラソンを目指すランナーとの出会いも楽しみにこれから
も走り続けていきたいと思います。

SK



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回、初マラソン初ハワイ初海外旅行ということで、初めてづくしだったのですが、
斎藤コーチをはじめ、トレーナーの皆さん、スタッフの皆さんのサポートのおかげで、
滞在中はとーーーーっても楽しまさせていただきました。
さらには、今回新婚旅行も兼ねていたので、本当に素晴らしい思い出になりました。
マラソンの方は、決していいタイムではありませんが、夫婦そろってスタートからゴールまで励まし合いながら、
そして手を繋いでゴールできたということが、本当によかったです。
時間制限がない中、もちろんいいタイムでゴールすることを目標に頑張るということもありですが、
新婚旅行で夫婦そろって同じ達成感を同じタイミングで味わえるということも、素敵なことだと思います。
来年新婚になられる方で、マラソンはしってみようかと思ってる方は、新婚旅行兼マラソンを兼ねて、モモナツアーをオススメします!!
なにはともあれ、本当に楽しいツアーをありがとうございました。
次はいつになるかわかりませんが、今度はいいタイムを目標にして頑張りたいと思ってますので、ぜひまたよろしくお願いしたいと思います。

新婚夫婦のY.YとC.Yより



--------------------------------------------------------------------------------

*
お世話になりました。

斉藤さんの言われるように、次の日はロボット歩きにならず(!)
いつもの自分の足で完走証を取りにいくことができました。
ありがとうございました。
ちなみに私は通常のテーピングに上からスキンズのソフトタイプのタイツを
履いて走りました。

思えば、8月6日、何の気なしに、サイトでツアーを探していたところ、
ほとんどのホノルルマラソンツアーはすでに満席。
モモナも満席でしたが、現地ケアの項目を見つけ、次の日の足の回復を約束される、という
セールス文を信じ、申し込みしたところから私のホノルルマラソンが始まりました。
マラソンスクワット、細かい現地情報。数々の企画のそのほとんどは
子供優先の私には参加できずに当日を迎えました。

いざ、走り始めると、私のモモナのTシャツとゼッケンをみてくれたツアー方に
ずいぶん、声をかけてもらいました。
つらくなって歩き始めたとき、ちゃんと走れているとき、
トイレ休憩のとき、ほとんどの場所で必ずいるんですねえ、モモナのランナーが。
それだけで、ずいぶん気が楽に走れたものです。
これが斉藤さんのメールにあった声掛けなんだなあ、と納得。
これだけで現地ケアに参加してホントウによかったことです。
もちろん、私もモモナランナーを見かけては、お声をかけるようにしました。
ただ、30キロを過ぎたところから左足がいうことをきかなくなり、
右足の甲が痛くて腫れだし(疲労骨折ではなくすみました)やっとのことで、ゴール。
でも斉藤さんの笑顔でゴール!が刷り込まれていたので、
ちゃんと笑顔万歳ゴールを果たせましたよ。

初めてのホノルルマラソン、
メールにあったことは、これだったのか、と現地で起きる次々の事に
ひとつづつ納得しながら、来年を目指そうかな、と思い始めています。

スタッフの皆様にもくれぐれもよろしくお伝えください。
現地トレーナー柳さん、ぜひ、住んでいるときに一度出てみてくださいとお伝えください。
お世話様でした。

AE



--------------------------------------------------------------------------------

*
完走できたことにmomonaのスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう ございました。
いい出会いもたくさん出来、楽しい思い出もできました。
本当に、ありがとうございまた。



--------------------------------------------------------------------------------

*
ご指導ありがとうございました。
8月から走り始めましたが、10キロ以上走ったことがありません。
1キロ10分ぐらいかかるので、とても不安でした。当日はテーピング
した青い足を見つけるとホットしたものです。強い向かい風には閉口
しましたが、途中強い雨が降ってきたので、雨に追われるように走り
ました。心配した膝や腰の痛みもなく、また足がつることもなく、ゴー
ルを踏むことができた時は、うれしかった。
 もう少しトレーニングしたら、自分が納得できるタイムになったと、
今思っています。来年も状況が許せばぜひ参加したいと思います。
65歳のいい記念になりました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソン 6時間33分で完走できました!
スタート直前に青いテーピングの人達と、金髪の斉藤さんを
見つけることができ、ついて行かせてもらいました。
一人で走る私にとって、momonaさんの背中のゼッケンは
とても心強かったです。
30キロを過ぎてから、右くるぶしのあたりと膝の外側が痛くなり
困りましたが、冷やしたりしながら、一度も歩くことなく
笑顔でゴールできました。次の日も元気に歩きまわれました。
天候にも味方されたと思いますが、
初めてのフルマラソンは「楽しかったな~」という気持ちです。
いろいろ教えていただきありがとうございました。
マラソンスクワットと腹筋はこれからも続けていきたいと
思っています。
お世話になりました。

FK



--------------------------------------------------------------------------------

*
マラソンって一人で走るものだと思っていました。一人でいつでも走れるし、気楽だし。

でも、モモナに参加して、みんなで走る楽しさを知りました。
最後の10Kmは苦しかったけど、みんなで声を掛け合って走って元気になれた。
一人だったら、絶対歩いていた。
終わった後、本当に楽しかったなー。と思えるマラソンでした。

個別ケアは受けて良かった。不安が解消できた。毎日受けても良かったかも。

無事に走ることができたのも、斉藤さんトレーナーの皆様のおかげです。
ありがとうございました。

T



--------------------------------------------------------------------------------

*
アロハ!!
斉藤コーチをはじめ、今回のマラソンにかかわったすべての方々ありがとうございました。
家族で参加させてもらったEです。
全くの初心者の私がトレーニングを始めたのが8月。9月初めにソフトカイロで骨盤矯正をしてもらった後、骨盤に激痛が!歩行困難になりました。
トレーニングをしたり歩いたりするだけでも(何もしていなくても)痛くなり、9月からは本番まで合計3キロも走れませんでした。マラソンスクワットが
出来るようになったのは、11月に入ってから。でも1週間に2~3回しか出来ませんでした。私ほど練習しなかった人はいなかったと思います。
一時は斉藤コーチに、ウォークに変更したいと相談しました。でも「歩いてでもゴール出来ます。笑顔でゴールしたいという気持ちが大切!」と激励されました。
自分を信じる気持ち!笑顔でゴールしたいという気持ち!今回は改めて確信しました。
人生で3キロしか走った事のない私がゴール出来たのは、奇跡であり事実です。私だけでは無理でした。しかも7時間台でゴールなんて!夢のようです(笑)
完走ではないですが、ほぼ完歩!でもそれが良かったです。初めてのマラソンは、とても最高でした。
HAWAIIの空気、景色、何もかもが素晴らしかったです。無我夢中で走るなんてもったいない!
斉藤コーチをはじめ、マラソンにかかわったすべての方々、HAWAIIに、すべてに感謝です。
LOVE&PEACE



--------------------------------------------------------------------------------

*
モモナさんへ
今回は、一緒にホノルルマラソンを走れて楽しかったです。
モモナ通信は、読んでてすごくためになりました。
特に、道路はかまぼこ型になっているので、真ん中を走った方が良いという事は、
42キロを、走るうえで良かったです。
他にも、This is hawaii で海に入ったり、パンケーキを食べたりしたことは、思い出に残りました。
モモナの皆さんと、一緒に走れて楽しかったです。
また、ホノルルマラソンや他のマラソンも走ってみたいです。

アロハ・マハロ・オハナ



--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチをはじめ、トレーナーの方々には大変感謝を申し上げます。
初めてのフルマラソン、それもホノルルマラソンで完走をすることができ
Momonaの方々と共に走ることができたことで成し遂げられたと思います。

私事ですが、仕事の関係でマラソンスクワット、腹筋もさほどやることが
出来ず不安でいっぱいでした。しかし、ホノルルに入り時差ボケトレーニング
や皆さんとのふれあい、大会の雰囲気と徐々にテンションも上がり、スタート
地点に立った時、走れる自信が湧いてきて無事完走することが出来ました。

今回、Momonaランニングクラブの一員として参加することが出来たことを
誇りに思います。
仕事の日々から解放され、楽しく思いでを作ることができました。
来年度も是非参加出来ればと思います。

30代男性より・・・



--------------------------------------------------------------------------------

*
初マラソン、完走どうもありがとうございました。
今回は暑さを感じなかったので思った以上に最後まで楽に
走れたので自分でびっくりしています。
最後の10キロの方が、前半の10キロよりタイムがいいので
帰国して会社に出社したら「鉄の女」になっていました。

思った以上に走れたのはすべてmomonaのスタッフの皆さまのおかげだと
思います。テーピングにマッサージ、走る前3日間の食事等、そして何よりも
しつこく言われた「マラソンスクワット」。
30キロ過ぎても、エネルギー切れも起こさず足が前に出ました。
これはすごい!

今後もマラソンを続けていこうという気になりました。
本当にありがとうございました。
AG



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011年 ホノルルマラソンでは、斉藤コーチ・津金トレーナー、他のスタッフの方々、
大変お世話様に成りました。
初めて、Momonaランニングクラブへ参加させて頂きまして、とても楽しい、
42,195キロに成りました。
今年のMomonaの参加者は、250名以上と過去最大の人数になり、大勢でのマラソンは
とても楽しかったです。
世の中には、いろいろなマラソンが有りますが、ホノルルマラソンは、何か
違う、人を惹きつける何か不思議な物を持っています。(これ本当!)
仮装もとても楽しく、くせになりそうです。【スーパーガール最高でした】
《津金さんのビックアフロ・アフロレディー・金ゴンも目立ってましたよ!》
マラソンでは、誰もリタイアする方も無く、みんな頑張って走り切れたのがとても嬉しいです。
何よりも嬉しかったのが、青のテーピングの方を見つけると、声を掛け合い
励まし合う事がとても大切で、励ましたり、励まされたり、とても励みに成りました。
集団で走るパワーを感じました。
ゴールでは、8名で手を繋ぎ、横一列で並びゴールが出来た事がとしても嬉しかったです。
走る速さや時間は関係なく、みんなで一緒に笑顔でゴールする事に意義が有ると感じました。

Momonaの一員として走れた事に感謝すると共に、みなさまと出会えた事に感謝致します。
また、この機会を頂きました(斉藤さん)へ感謝致します。
2012年(第40回)も皆様と走れる事を楽しみにしています。「チョッパー帽子より」
マハロ AH



--------------------------------------------------------------------------------

*
自分でも完走したことが驚きです
30数年前ホノルルマラソンを目指しトレーニングしていましたが
基本も分からず変形性膝関節症になり、それ以降走ることができずサポータのお世話になっていました
ネットでモモナを知り、走ることが出来るかできないか半信半疑でお世話になることにしました。

琵琶湖合宿で基本を教えていただき、斎藤コーチから腹筋を1000回/日するように言われ、マラソンスクワットは
60~90分を今でも続けています。合宿では分からなかったことが練習を重ねるごとに理解できるようになり楽に走ることができるようになりましたが、
秋口から膝が定期的に痛みだし11月下旬からはウォーキングさえできなくなり参加を躊躇したりしました。

頼りになるのはテーピングだけなので津金トレーナーに痛みが出ないようにとお願いしました。テーピングの力は
合宿で経験してるので「津金トレーナーのやるだけやってみます」の一言で心強く思いスタートラインに立ちました

目標が膝がどこまで耐えることができるか?無理をせずマイペースで歩くことなく完走することでした。
モモナの仲間たちが「膝は大丈夫ですか?」と心配していただきとてもありがたかったです、皆さん有難うございました。
スタートラインに立っても興奮もせず冷静になってました。

10km,15kmになっても膝にいたみもなく高速道路の対面通行で「かなえ」さんや「津金トレーナ」から大きな声で
声援をいただきとても元気にはしることができました。有難うございました、モモナのゼッケンはとてもよくわかり走っていても仲間とわかり勇気が出て大正解だとおもいました。

スローペースなので周囲もよく分かりオアフ島といえども家並み、道路、自然などアメリカ本土と同じなので懐かしく感じながら走りました。
距離表示をすべて撮影したので整理をして次回の参考にします。

ゴールをしてもなぜか感激、感動もなくあっけなく終わった感じです。それ以上に膝が持ちこたえてくれた事のほうが喜びが大きいです、
これも斎藤コーチや津金トレーナーはじめモモナの皆さんや膝を心配してくれた仲間のおかげだと思っています、みなさんありがとうございました。
とても楽しいホノルルマラソンでした。感謝。感謝。

これで人生の夢3つ全て達成したのでいつお迎えが来てもいいですがそれまでは、ここ半年間で培ったことを継続し次に備えるつもりです。
モモナの皆さんともっと早くから知っておけばもう少し違った人生だったかも?
モモナの皆さんたのしいホノルルマラソンを有難うございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
お礼が遅くなりましたが、ホノルルマラソンでは大変お世話になり
ありがとうございました。心から御礼申し上げます。

毎月のメール講習会、諏訪湖合宿、駒沢公園練習会でご指導頂きましたお陰で
夢のホノルルマラソン完走を達成することができました。
ただ、足が攣ってしまい、歩いてしまったのが悔しいです。

状況が許せば、来年も参加して歩かないで6時間以内完走を目標に頑張りたいです。
体重も落とすよう努力します。

帰国してからもいろいろな人から「走り続けましょう!」とメールを頂きました。
Momomaだから出会えた素敵な出会いに感謝です。

マラソン、やめませんのでこれからもご指導の程よろしくお願いします。
おばさんも大切にして下さい。
年末年始、お忙しい事と思いますが、くれぐれもお体ご自愛下さい。
ありがとうございました。
UM



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンをサポートして頂き、ありがとうございました!
momonaで参加したから、良い出会い・経験・思い出がたくさんできたのだと思います。
斉藤さんとのデニーズでの運命の出会いは忘れられません!笑

斉藤さん、スタッフの皆さん、トレーナーの皆さんのおかげで、42.195キロを完走できたし、
ハワイで10日間を楽しく過ごすことができました!
途中一人で走っている時の、momona同士の声かけにはすごく励まされ、
momonaのチーム力とテーピングで最後まで走りきれました。
学生時代の一番の思い出と言えるくらい、
私の中では大きく心に残る初マラソンとなりました。
これからも走り続けたいと思ったし、
もう一度ホノルルマラソンに挑戦しようと決めました!
本当にありがとうございました!



--------------------------------------------------------------------------------

*
初マラソンの去年とは違い、
練習会から合宿までmomonaにお世話になった2回目のホノルルマラソン。
今年は、妹と一緒に参加させていただきました。

正直、帰国後タイムだけで言えば「何で?!」と言われていますが、私個人は、とても満足しています。
なぜなら、すっごく楽しかったから!!!

ゴールまでの直線!

去年は、早く終わって感動を味わいたかったけれど
今年は、もっとレースを味わっていたかった。

それは、いろんな人に出会い
レース中にも励まし合い、勇気をもらったから。

特に復路のハイウェイでは、momonaテープを見るたびに
「momona~!」と叫んでは気付いてもらい、
ハイタッチやHugしながら走って本当に楽しかったです。
何より、元気を頂いて楽しく走ることができました。

記録を狙う走りが出来なかったという後悔もあるのですが、
何よりも同じゴールを目指す仲間と楽しめた!ということが財産になりました。
これからも、マラソンを続けたいとはじめて感じることができました。

これも、経験と科学に基づく指導とケアがあってのもの!
去年と同じく、今年もロボコン歩きにならず元気にハワイを楽しめました。
ありがとうございます。

BBQでリレーが終わった後に、筋肉痛が消えていた時には目からウロコ!!!
筋肉痛や疲労を感じている人こそ走るべき!!!と思ってしまいました。

来年も、是非参加したいです。
仮装しちゃう???なーんて思っています。

コーチ、トレーナー、スタッフのみなさん
そして、一緒に参加されたチームmomonaのみなさん
本当にありがとうございました。

これからも練習“寝坊しないで”参加します。
よろしくお願いします。

いわたのお姉ちゃん



--------------------------------------------------------------------------------

*
Honoluluマラソン、Hawaiiの海と大地、ステキな出会い。
本当に最高でした☆

練習もほとんどできず、不安いっぱいの参加でしたが。
斎藤コーチはじめ、トレーナー、スタッフの皆さまのおかげで無事に完走することができました。
そして、笑顔でゴール。
本当にありがとうございました。

このHawaiiの旅の陰には。
Momonaのみなさまが、私たち参加者のために自分の時間、寝る時間までも割いて心を尽くしてくださっていたこと。
本当に感謝でいっぱいです!

心輝く宝物をありがとうございました♪

東京都RY



--------------------------------------------------------------------------------

*
こんにちは、大阪の 太っちょ です。 斎藤コーチをはじめトレーナ、スタッフの皆さん本当にお世話になりました。

特に大阪のスタッフの方は 日頃の練習会を含め本当にありがとうございました。今回初マラソンで 
目標はコーチについて
ゴールすることでした。30キロを過ぎた頃から体が重くなり コーチーの6時間組にだんだん離されていきました。

もうだめかなと
思ったところ。コーチの集団が止まっていたので追いつくことができました。 
止まるとしんどいのでそのまま行こうとするとコーチが
「一緒に行きましょう」と言ってくださり 

最後の数キロは この仲間たちと一緒にゴールしようという思いが 強くなり 

なんとか一緒にゴールすることができました。

同じテーピングをした仲間たちと ゴールすることが出来て本当によかったと思います。
歩いている人たちをかき分け

momonaの集団が駆け抜けて行く姿は(私を含め(笑))本当にかっこよかったんじゃないかなぁ 
と思いました。←実際、私はそんな余裕はありませんでしたが(笑)

ゴール手前でMCのお姉さんが「すごい団体が入ってきた!」と言っていた通り
momonaはホノルルマラソンの名物になるのでは いやもうすで
なっているのでしょうね 

それはコーチやボランティアスタッフの皆さん方の永年の努力がそれにつながっているのですね 
そう思うと感動と仲間に入れていただいた感謝の気持ちで
いっぱいになりました。

本当に素晴らしい体験をさせていただきありがとうございました。
最近 また太ってきたので走ろうと思いますが 寒いのでマラソンスクワットにしときます。(笑)
最後に 斎藤コーチをはじめスタッフの皆さん方 あらためてありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回のホノルルマラソンツアーでmomonaホノルルマラソンツアー6回目の参加でした。
まずマラソンでは、初めての6時間半のペースメーカーでしたが、最後は7人位で6時間42分で手をつないでゴールしました。
特にレース後半、残りの距離が一桁になって、徐々に少なくなっていくに従って、みんな辛いはずなのに段々テンションが上がっていくのを観ていると、こっちも楽しくなりました。
苦しみを楽しみに上手く変える事ができているんだなと思いました。
マラソン以外も楽しかったです。
私はパスタを作って、自分で食べるよりも、人に食べてもらう事を楽しみとしているのですが、それが思う存分できました。
マラソン前日の夜、マラソン当日の完走パーティーの後、マラソン翌日のバーベキューパーティー、たくさん作ってたくさん喜んでもらい、楽しかったです。 その事で唯一残念だったのは、バーベキューパーティーで時間が最後無くなってしまい、予定していたナポリタンを作って斎藤さんに食べてもらう事ができなかった点です。
大好きなコールドストーンアイスクリームもマラソンでゴールしてすぐ、荷物を受け取った後にテントに行かないで即効で大盛りサイズを食べに行って満喫したし、オプションもいつもと同じものに参加しましたが、その年その年のメンバーによって楽しさは異なりますが、今年も非常に楽しめました。
昨年は個人的な都合で参加できなかったので、久しぶりに楽しんだ気がしました。
最後に、毎日睡眠不足の中、メンバー全員を楽しませる為に頑張っていたmomonaスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
皆さんのおかげで久しぶりに存分に楽しんだ気がしました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
まず走り始めたきっかけは運動不足から足の関節が動かなくなったことです。
最初はほとんど走れませんでしたが少しづつ距離がのびてきて楽しくなってきました。今年の春、地元の10Kマラソンに初チャレンジしましたがランニングフォームも練習方法も自己流なため、長く走ると足に痛みを感じて不安でした。
そんな時、パソコンでmomonaのサイトを見つけ夢のホノルルマラソン参加を今年の目標に決めました。

マラソン前日、不覚にも自分の不注意でケガをしてしまい参加断念を考えましたが、"全員で笑顔で完走!"の一員でありたいという思いが強かったのかケガの痛みもなく無事に完走することができました。
30Kを過ぎてハイウェイを降りたあたりから足がだるくなってきましたが、いつも痛くなる膝や足首・股関節に痛みはなくテーピングのすごさに感動しました。

スタートからゴールまでのホノルルの景色、沿道の声援、momonaの仲間の応援。カメラに収めることはできなかったけど、しっかり心に焼き付けてきました。

ケガをしたときに病院に付き添ってくれたり、走っているときも心配して見守ってくれたmomonaのトレーナーの方や仲間たちのおかげで最後まで楽しく過ごせたことに感謝しています。
そして帰国するまで荷物を運んでくれたりお世話をしてくれた方々に感謝しています。

みなさん 本当にありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
斎藤さん、はじめスタッフのみなさん

 ホノルルマラソンでは、本当にありがとうございました。
 
 モモナでは、現地ケアでの参加だったので

 不安は多々ありましたが、
 
 個別ケア、テーピング等のおかげ

 また、一緒に走ってくれるラビットさんのおかげで

 目標の

 笑顔で7時間以内での完走できました。

 次回は、ぜひ6時間での完走を目指したいと思います。

 私にとってホノルルマラソンは、

 達成感を得ることができ

 心から、うれしく思っています。

 これからも、走ることを続けていきたいと思います。

NA



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルでは大変お世話になりました。

初マラソン!初ハワイが最高の思い出になりました。

30キロを超えたくらいから、きつさがピークでどうしてもっと練習しなかったのだろうという後悔の念に駆られましたが、モモナの方々が声をかけてくださったおかげで頑張ることができました!
人の応援、一緒に同じゴールを目指すということは本当に大きな力になると感じました。

また、マラソン前後のケアの素晴らしさには感謝しています。

多くの素敵な方々とお会いすることができてとても楽しかったです!
たくさんの良い思い出を本当にありがとうございました!



--------------------------------------------------------------------------------

*
私がホノルルマラソンを走ろうと思ったきっかけは、自分が生きた証を残したいと思ったとこから始まりました。
21歳で妊娠・出産し、子供を産み、子育てと家事と仕事だけの私の人生ってなんだろう?
子供がいるからっていう理由で自分のしたいことはあきらめなければいけないのか?
それは言い訳ではないのか?と思い考える日々が約2年ほどありました。
何の取り柄もなく趣味も無く人を魅了することも出来ない私に今から何ができるのだろう
どうせやるなら人よりもひきんでたい。と思う気持ちの中、限られた時間の中で、新しいことにゼロから取り組むことは難しい
そしたら今まで自分がしてきたことの中で、少しでも人よりひきんでていること・・・走ることだ。と思いました。
小学校から校内のマラソン大会では1番だった私は、中高6年間陸上競技の長距離をしていました
これが私に親からもらった一つの才能かなと思いました。
私が走ることによって、子供にもそして産んでくれた親にも親孝行ができるのではないかと思い、ホノルルマラソンにチャレンジしようと決めました。
どうせやるなら、早く走りたい。いい記録を残したい。と思いましたが、全くマラソンの練習の知識の無い私がネットで検索して出会ったのが
モモナでした。練習メニューを作ってくれるということと、テーピング等の完全なケアを行ってもらえることが魅力でお世話になることに決めました。
練習内容は、私にとっては少し緩めな感じがしていたので、途中本当にこれで目標タイムにとどくのかな?と半信半疑な部分もありながら、
マラソンは科学ですという言葉を信じ、言われたことをきっちりやる。いわれた以外のことはしない。ということを可能な限りしていきました。
マラソン経験者はみんな30キロ以降・・・と言われていたので、練習メニューでも30キロまでしか走ったことの無い私も30キロ以降に何があるのかな?という不安な気持ちを
走る直前まで、いや走りながらも持ちながら、30キロ以降何もおこらないように・・・と願いながら走っていました。
初めての42.195キロという距離への挑戦。緊張しましたが、30キロ以降もモモナテーピングのおかげで何もおこることなく無事快調に走ることが出来ました。
笑顔でゴールって何度もメールでありましたが、私は記録への挑戦だと思っていたので、気にも留めていなかったのですが、ゴールゲートが見えた最後の直線
とても楽しいなと思いながら走ることが出来ました。その時にあっ!!そうだ!!笑顔でゴールしなくっちゃっと思い出しました。
毎日のメールの効果って凄いですね。無事笑顔でゴール&目標タイムクリアできました。
私が走り終えて思ったことは、①斉藤さんはすごい②モモナテーピングは凄い③こんなに同じチームの仲間がいて、テープをしているだけで知らない人でもお互いが
声をかけあい応援しあえる。これが42.195キロを走っている中で仲間がいることの強みだなと思いました。
走っている間にあった4~5人のモモナテープの方々とお互い声を掛け合ったことが凄くはげみになりました。ありがとうございした。
半信半疑なんて気持ちでしたが斉藤コーチの計算に基づいた練習メニューのすごさを痛感しました。本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
また、同時に前日ケア&テーピングをしていただきながら色々教えていただいたトレーナーの皆様方にも感謝しています。
たまたまネットを検索して出会ったモモナでしたが、出会えたことに感謝だと思っています。
来年は今年みたいな半信半疑の気持ちではなく100%の信用をおいて斉藤コーチのご指導のもと記録を狙って笑顔でゴールをしたいと思っていますので、2012年もよろしくお願いいたします。
2011年ホノルルマラソンのご指導&サポートありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
皆さんお世話になりました。

スタッフのみなさんサポートありがとうございました。
昨年と2年連続参加となりました。
昨年は、足の痛みに耐えきれず歩いての完走で悔いが残ってしまい今年は再チャレンジ!

今年は、足の痛みにも耐えなんとか歩くことなく完走できました。
昨年もそうですが、誰かが声をかけて励ましてくれる、momonaの仲間を見つけると心強くなりフルを走りきれたとおもいます。
やっぱり仲間、ありがたい!

痛みはつらいですが、完走しきった喜びをもとめて走り続けます。
ありがとうございました。


*
初マラソン!初ホノルル!
今回は、モモナのツアーに参加して、ホノルル満喫でき、忘れられない思い出になりました!
モモナの皆さん本当にありがとうございました!

コンベンションセンターで配布されたレインコートを持ってきたつもりが、レインコートじゃなくって、首用クッションだったというバカをしたものです!
マラソン走る前から、寒いしへこんでましたが、友達に一生懸命励ましてもらって、マラソンスタート!!

目標時間が同じくらいの友達一緒に走り始めたんですが、10kmの休憩で私がトイレ行ってる間に、はぐれてしまって!
20kmの休憩で、斎藤さんのグループに追いついたんですけど、友達は見つからず

35kmくらいからだんだんペースについていけず、限界かも…と歩いてたら、
同じモモナの子ががんばりましょう!って話しかけてくれて、ゴールまでその子と一緒に走ることになりました!!

脚が棒みたいになって、もう歩いてるのと変わらんくらいのペースだったけど、励ましあって、ゴールを目指して一歩ずつ!
最後ゴールまでの長い直線、大勢の人が応援してくれて、ゴールゲートに近づいたとき、込み上げてくるものがありました!


無事にゴールできたあとはもううれしくって!充実感より、無事走りきったことにホッとしました!
一緒にゴールした子は、ほぼ同い年・ほぼ同じ職業と共通点が多く、島根と群馬と遠い距離ですが、さっそく先日泊まりにいく仲までなれました!

それ以外でも、地方出身でモモナの練習会に参加したことがなく、知り合いが少ない私ですが、ツアーなどで出会った皆さんすごくよくして頂いて、感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にありがとうございました!



--------------------------------------------------------------------------------

*

人生のうち一度はチャレンジしてみたいと思っていたホノルルマラソン。
去年の1月ホノルルマラソン特集を観て走ろうと決心して、出会ったモモノのホームページ。
同じゴールを目指して一緒に参加を決めてくれた2人の仲間。
モチベーションが下がった時期もあったけど、駒沢の練習や、モモナからのメールでモチベーションは上がっていきました。
今まで12キロしか走ったことがなかった私でしたが、本番では、モモナのスタッフや同じゴールを目指す水色テーピングの
モモナの仲間、一緒に参加を決めてくれた2人の大事な友人が支えとなって完走できました。
最後の5キロは、膝がどうにかなってるんじゃないかって位動かなかったけど、ゴールが見えた時は、膝の痛みも消えて最後の力で感動のゴールができました。
うれしい完走と同時に終わってしまったなって・・・
時間が経過するにつれ、きれいな思い出に変わっていっています。
また来年も参加できたらいいなって思います。
齋藤さん津金さん、モモナのスタッフの皆さまサポート感謝しています。
モモナケア最高です!!!
ありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011ホノルルマラソンでは、大変お世話になりました。
無事に楽しく、笑顔で、ゴール出来た事を嬉しく思っています。
この感動と達成感を味わう事が出来たのは、偏に斉藤コーチ、津金トレーナー、そしてモモナのスタッフの方々のご指導のお陰と只々感謝しております。
短い期間でしたが、
本当に有り難うございました。
お礼の気持ちをお伝えしたくメールさせて頂きました。今後もモモナランニングクラブのご活躍をお祈りしております。



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011Honolulu

?ホノルルマラソン?6時間以内で笑顔でゴール?目標達成しました?
斉藤コーチ・トレーナー・スタッフの皆様、本当にお世話になりました。

そもそもの始まりは子供も来年から社会人になり、いろいろな面で節目の年。
そんな今、何かできることはないかと思いたったのがホノルルマラソンへの挑戦。

まったく知識はありません。偶然ネットで Momona に出会って思わずクリック!!
これが夢の始まりです。

家にいながらも何から何までアドバイスしていただきいつも見守っていてくれているようで、
ホノルルまでの時間の楽しくトレーニングできました。
走ることが嫌いで興味がなかった私にホノルルマラソンという目標達成とともに走る楽しさ
を教えてくれた斎藤コーチをはじめ皆様、ありがとういざいました。

Momona に出会わなかったらこの夢は幻で終わっていたかもしれません。

8キロぐらいしか走ったことのない私が今回完走できたのは

 ?斎藤コーチ、津金コーチの指導を守ったこと(できるだけですが・・・)
 ?テーピングとしっかりしたケアをしてもらったこと
 ?仲間がいたこと・息子がリードしてくれたこと
 ?笑顔でゴールと目標にしていたこと

また、予定が合い息子と参加できたことも何よりの喜び!!

一生の宝物です。
偶然とはいえ素晴らしいツアー・スタッフに出会えたこと心から感謝します。




--------------------------------------------------------------------------------

*
スポーツは好きですが、走る事が苦手な私の夢は、ホノルルマラソンに出てみたいという事でした。
そんな私がmomonaを知り、練習会や講習会や合宿に参加させていただいて、10ヶ月そこそこで
フルマラソンを完走する事ができました。 自分自身も周りもびっくりで、つくづく人間の体ってすごいなぁと思いました。
これもmomonaでの適切な指導のおかげと感謝しています。 本当にありがとうございました。
走る楽しさを忘れずに、これかも一生の趣味のひとつとして走り続けようと思います。
長い間、ご指導頂きありがとうございました。

KA



--------------------------------------------------------------------------------

*
元旦、練習会に参加して2012年の走り始めをしたかったのですが仕事で参加できませんでした。年賀状代わりに感想文提出させていただきます?

私がマラソンを始めたのは2009年の正月でした。その前の年は人生で1番苦しい時で、自分も周りも信じることができなかったし、
できる希望がなくて心底弱ってました。体重も今より10キロ以上痩せてて毎日毎日泣いてました。
それでも少しづつ元気を取り戻してまた前を向き始めたのが、ちょうどこの頃でした。新しい年に何かを始めたい、この弱い自分に戻らないように、
強くなってちゃんと生きるっていう決意を忘れず持ち続けるために、私が選んだのが2011年のホノルルマラソンでした。3年後の自分なんてわからなかったけど、
努力すれば絶対できると思ったし、29歳の誕生日がちょうど大会当日だったので、それまでに強くなって最高の思い出にしようと思ったからです。
初めて走った日、ペースがわからなかった私は全力疾走してしまい1キロで倒れました。それでも当時の私は、1歩1歩が確実に前に進んでるんだってことを実感できるマラソンにはまっていきました。

結局ウォーキングから始めて少しづつ走る距離を伸ばして走れるようになるにはかなりの時間がかかりました。
それでも、どうして続けてこれたのか。まずは自分との闘いだったから、途中で投げ出すのは自分に負ける気がしてやめられなかったんだと思います。
それから、マラソンは自分と向き合う大切な時間になり、前向きな気持ちと自信を与えてくれました。でも1番は、
沢山の人に支えられてるんだってことに気づかされたことかもしれません。
マラソンも人生も同じ。走るのは自分だけど、その自分を創り上げるのは周りの人々の力。この3年間で多くの人に出逢いました。
夏からはモモナでラン仲間ができました。沢山の人との関わりで笑顔になり、幸せを実感して楽しく走ることができたんだと思います。
どんなに小さな1歩でも、どんなに遅くても、諦めずに前に進めば必ずゴールがある。焦らず、マイペースでいいんだってことを私はマラソンを通して教わりました。
ホノルルマラソンまで走り続けられたこと、完走できたことで、気持ちが吹っ切れ弱い自分を卒業できました。
この先に辛い困難が立ちはだかっていたとしても、ホノルルの自分を思い出せばどんな事も乗り越えていける気がします。

今までの3年間はある意味自分との約束を果たすためで何処か義務的な感じもありました。
でも、これからは本当の意味で楽しみながら走っていける気がします?モモナでの出逢いに感謝をしながら、
仲間と共に支え合い、刺激しあって、マラソンを続けていこうと思っています。

モモナというチームを作ってくださったことに、感謝します。
IS



--------------------------------------------------------------------------------

*
中2の息子と参加させてもらいました。

初のフル挑戦で無謀と思いつつ、追加当選した大阪とホノルルの両方走ってみようと8月にフルに向けてのトレーニングを開始。
ホノルルには、中学で陸上やっている息子も一緒に連れて行くことにしました。
8月末に大阪城での講習会に参加し、練習会にも顔を出させてもらうようになりました。

初のフルマラソンを4時間20分台で完走することができました。
講習会で知り合った仲間にも応援してもらえたのがすごくうれしかったです。
でも、予想以上にすんなり完走出来たことの油断からか、ホノルルではマラソンの怖さを味わうことになりました。

ホノルル滞在中、ハワイを満喫し、連日、カーボローディングとやらも気にせず、禁酒したのも1日のみ。
おまけに、前日に息子が腹痛で全員集合のトレーニングにも参加できない状態となり、どうなることかヒヤヒヤものでした。
おかげで、当日は睡眠時間ゼロで走るような状態となりましたが、何とか息子の体調も復活し、走ることができました。

とはいうものの、そこはさすがに現役陸上部、スタートと同時に、キロ5分前半のペースで飛ばしはじめました。
ハーフ地点までは一緒のペースで走ったものの、お父ちゃんは途中で足がつってしまい、後半は早歩き程度でしか
走れなくなってしまいました。彼は親を見捨てて先に消えていきます。

息子とのガチの勝負に初めて負けてしまいました。悔しいけど、ちょっぴり嬉しくもあり、複雑な気分でした。
少なくとも子供と同タイム、あわよくば、サブフォーも・・・との思惑が崩れました。
結局、息子は4時間6分(それでも最後は少し歩いてしまったそうです)でゴール。

私のほうは、彼に遅れをとること45分、4時間50分台でのゴールになってしまいました。
苦い経験でしたが、それでも、苦しかったときにすれ違うmomonaの方々の励ましに勇気付けられました。

滞在中、息子に対しても「ジュニア、ジュニア」と気配りいただき、体調の心配もしていただいた方々に感謝します。
なかなか難しい年頃でもあるので、愛想も悪かったことと思います。お許しください。
ただ、彼にとってもフルを完走したことは、一生忘れないような出来事になったと思います。

1回でも完走できればと思っていたフルマラソンですが、走る楽しさと難しさを感じ、これで終わりとはいかなくなりました。
まずは、恥ずかしながらジュニアの記録を次の目標にして、走ることを続けてみようかなと思います。
たくさんの方々と知り合える機会をあたえていただき、本当にありがとうございました。
また、いつの日かホノルルにも借りを返しに行きます。



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回初めてマラソンに挑戦するに当たり1番の成功の決め手は
momonaランニングクラブのサポートをお願いしたことだと思います。

5?年間生きてきて走ることなんて今まで1度も経験したことがなく
周りの人たちからはとても無謀なチャレンジと受け止められていた
私たち夫婦が2人でゴールできたことはとても忘れられない経験と
なりました。

もうすでに心は次のホノルルマラソンへと飛んでいます。
いつまで続けられるかわかりませんが、できる限り続けて行きたいと
思っております。

ホントにお世話になり、ありがとうございました。


*
まずは…「ぶっつけ本番はさすがに辛い!」と思ったのが大きな収穫です。
今まで、10キロ、ハーフなど、いろいろ大会に参加してきましたが、

練習をしたことがほとんど無く、まあそこそこの時間で走れていました。
10キロは1時間弱、ハーフも2時間ちょいちょいで。

「みんなが参加するから参加する」みたいな乗りできていたのです。

でも…やっぱりフルマラソンはそうはいかないのですね(^ ^;
15キロくらいの休憩のあと、全然動けなくなってしまいました。
そのあとの10キロでたぶん300人くらいに抜かされました。


ハワイカイでいっそ倒れてしまおうか、とも思いましたが、あの高級住宅の
前を汚してはいけない…という一心で思いとどまりました。

戻りのハイウェイでスコールに合ってからなぜか劇的に復活して、残りの
10キロで200人くらい追い越したと思います。

これは感動しました。みんな歩いているのに私は走れたからです。
もしかして、ちょっとでもトレーニングしていたら全行程走れたかもしれません。

というわけで、今年からは心を入れ替えて腹筋とジョギングを始めようと思いました。

ところで、momonaのツアに参加して、ケアのすばらしさを痛感しました。
走ったあとがとても楽だったからです。ホントに感謝しています。


ただ、到着して走るまで、翌日、翌々日…全日程がすべて慌ただしく、それが残念でした。
何時に集合なのか、どういうスケジュールなのか、ホントに直前にならないとツアデスクに
張り出されず、JTBの人に聞いても「momonaの方に聞いてください」と言われるばかり。
前日に全員でスクワットをやるのかと思ったら、それも無くて残念。当日の準備運動も……?
とにかく貴重な経験をさせて頂けたことには感謝です。

どうもありがとうございました。


*駒沢はちょっと遠くてなかなか参加できませんが、また合宿などにお邪魔したいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。



--------------------------------------------------------------------------------

*
四十歳という節目に心身とも鍛えなおすという意味で1年ほど前から走り始めました。
当初、ホノルルマラソンは全く予定になかったのですが、フルマラソンに挑戦したいと思い申し込んだ大阪マラソン、
神戸マラソンに落選し、何となく目標を見失ってたときに、ふとしたきっかけで、momonaのホームページにたどり着き、これだったらと思いホノルル参加を決意しました。
左腕が全く動かない障害、42キロという今まで経験したことのない距離、さらにハワイという日本と全く違う気候と時差の中、
本当に不安だらけでしたが斉藤コーチをはじめスタッフの方々のサポートのおかげで無事に完走することができ感謝しております。
そして今は次の目標に向かい走り出しています。

ホノルル最高です。本当にありがとうございました。



--------------------------------------------------------------------------------

*
☆2011ホノルルマラソン☆
ホノルルマラソンへ参加しようと思ってから、なかなか練習にも参加できずに、本当に走ることが出来るのか不安でいっぱいでしたが、
『絶対にゴール出来るから大丈夫!』と言われるたびに、気持ちも少しずつ楽になり、当日を迎えました!

6時間組での参加をし、楽しく走ることができ、そして歩く事無くゴールが出来たのも、
最後まで一緒に走ってくれた皆さんがいたからです!本当に心の支えになりました。

斉藤さんをはじめ、トレーナーのみなさん、モモナスタッフのみなさん、モモナツアーに参加した皆さんに出逢う事ができ、
たくさんの笑顔をありがとうございました!

2011・12・11
私にとって大切な日になりました☆



--------------------------------------------------------------------------------

*
今回のホノルルマラソンは3回目の挑戦でした。
足の調子もイマイチでしたので今回は記録よりもホノルルマラソン自体を楽しもうと決
め、参加をしました。

momonaのツアーでは、ほとんどの方が初マラソンということを聞いていましたので、不
束ながら皆さんのサポートをしながら走れたらいいなと思い、6時間チームで走りまし
た。
出来るだけ多くの仲間とゴールを。という斉藤コーチの意志でゴール手前で少し遅れた
momonaメンバーも引き込みながらゴール。最後まで諦めずについてきてくれたみなさん
の笑顔が本当に忘れられません。

マラソン初心者の方々の大変さや不安なども共有しながらの42.195キロ。
色々勉強になりましたし、何かに取り組む、頑張る皆さんの姿勢に心から感動しました


私もそうですが、一人で走り続けるのは本当に苦痛に感じます。
しかし、仲間と一緒に走ると時間も短く感じるんですね。
私にとっては6時間あっという間でした。

momonaの、この半強制的に仲間にしちゃうシステムはかなり個性的です。
一人で参加する方も多いので不安のある方や初心者さんには本当にオススメです
ツアーも和気あいあいで、気軽に参加可能です。
私も一人で参加しましたが、新しいお友達もできました!!
本当にホノルルマラソンの素晴らしさを再実感した2011でした。

今年の目標は4時間~3時間台でコスプレ~。
一緒に走ってくれる方募集します(笑)
ありがとうございました。

k℃



--------------------------------------------------------------------------------

*
「初マラソンをホノルルで走れることは、本当に幸せなこと。」
ホノルルマラソン前の練習会での斉藤コーチのお言葉。

「苦しいのはみんな同じ・・・だったら楽しんじゃった方がいい。」
名城公園の練習会での山本さんのお言葉。

この二つのお言葉を心に言い聞かせながらの初めての42.195kmでした。


小学2年生の娘、中学1年生の息子、仕事をしている義母、そして夫・・・私が無理
を承知でホノルルマラソンに参加したいと相談したとき、家族みんなが「応援する
よ。」と背中を押してくれました。

家族の声援と期待に答えるべく、それから半年の間、自分に出来る範囲の練習を積み
重ねました。

はじめは習慣にならなかったマラソンスクワット・・・。
でも、練習会の度に、

「一番の練習方法だから・・・。」

「今から始めればまだ間に合います。」

「35㎞過ぎてからが全然違います。」

「やり続ければお尻が上がるよ(?!)。」
という斉藤コーチのお言葉に目覚め、ほぼ毎日40~60分続けました。

(本当に最後まで走りきれました。そして、下半身が引き締まり、ジーパンのサイズ
が3サイズもダウンし、まさに一石三鳥位の嬉しい効果もありました \^0^/ )

そして迎えたホノルルマラソン当日。
m omonaメンバーの仲間と走れたことが、なによりも心強いことで、何の不安もあり
ませんでした。

そして、自分でも信じられないくらい42.195㎞をずっと「笑顔」で走っている
私がいました。

沿道からのたくさんの声援に支えられていたのはもちろんのこと、先に書いた、斉藤
コーチのお言葉や山本さんのお言葉を実感し、夢だったホノルルを走ることが実現で
きていることへの感謝の気持ちで一杯だったからだと思います。

本当に幸せな42.195㎞でした。

42歳にしての初マラソン・・・なんのけがもなく、楽しく、笑顔で走りきれたのは
斉藤コーチをはじめ、名城公園でご指導いただいた小笠原さん、山本さん、そのほか
たくさんのmomonaのスタッフのみなさん、そして、知り合えた仲間のみなさんのおか
げです。
本当にありがとうございました。

今回の経験で得た、たくさんの貴重な宝物を胸に、これからの人生も夢を持って、前
向きに、笑顔で過ごしていきたいと
思います。

そしてもちろん、『笑顔で走り続けたい。』と思っています。
愛知県 H・D



--------------------------------------------------------------------------------

*
完走できました。斉藤コーチをはじめスタッフの皆さんのおかげです。
ありがとうございました。
水曜日の出発の日、中部のお二人にはお世話になりました。

出発前で不安でいっぱいの中で、お会いできて安心しました。
親睦会や、練習会に顔を出していて良かったと思いました。
同じ部屋になったのが、とてもいい人で楽しい思い出がたくさんできました。
ありがとうございました。           
O



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンを終えて

還暦の記念や退職の記念にホノルルマラソンという人が結構いる。
その点、私は古希の記念にホノルルマラソンである。しかも2年もたってから。

私の一番好きなのは夏山。毎年2-3千メートルの山に1回は登ることにしている。
それには体力の維持が欠かせない。

体力作りには阪神淡路大震災の年の元旦から水泳を始めた。

曲がりなりにもマラソンにエントリーするようになったのは弟のフルマラソンを応援に
行ったのがきっかけである。
スタートすると4-5時間は帰ってこないので手持無沙汰。
そこで5キロにエントリーするようになったのが64歳の時。

何回か大会を経験すると、マラソンランナーのはしくれになったからにはと、
フルマラソンを経験して見ることにした。制限時間7時間。
ところが、いつ収容されるのかと思っていたがゴール出来てしまった。
その翌年、東京マラソンが始まりこちらも完走。


初め、あんな辛いことを海外でも、とは考えていなかったが、弟がホノルルを2回
経験しており、その気になった時には、新型インフルエンザの発生で
職場から渡航自粛。次の年は内モンゴル旅行の方がいいと敬遠。

しかし、制限時間がないとは言え、ぎりぎりの年齢ではないかと考えて決断。
今までのマラソンに対する考えは、プールで泳いだり、アクアビックをしていれば
そこそこ走れるのではないかというもの。

Momonaの練習会に初めて参加したのは、約3年前。
参加費が無料!というおおらかさが何よりの魅力であった。
暑い頃は、走った後の50メートルの屋外プールも楽しみにしていた。

今回のホノルルマラソンに関しては、初めての海外マラソンツアーなので、
モモナチームに忠実について行くことにした。

暑いときはともかく、涼しくなってからも、まったく走れない自分に、落ち込んだりした。
しかし、丁寧なメールに支えられて後半はルンルンでこの日を待った。

ハワイは3回目だが今回はそんなに遠くはなかった。
娘と友達と一緒だったからだろうか。

ホノルルについてからはモモナチームの指導に安心しておんぶにだっこ。

時差ぼけトレーニングは遊び感覚でどれも楽しく、テーピング後も何の違和感もなかった。
当日も何の心配もなく熱気あふれるスタート地点へ。

一番感動したのは、スタート後2時間、ホノルルの海に朝日が射してきた時。
マラソン中は予想したより暑くなくて良かった。

モモナテーピングは空色でTシャツよりよく目立った。あそこにもここにもモモナの仲間…。
エントリーしてからの長いアプローチの末、とうとうゴール!

単なる観光と違ってこういうところがこのマラソンツアーのいいところではないか。
華やかな完走T シャツであふれるカピオラニ公園。

ケアを待っている間にあちこちのブースを回り、うどんを食べようとしたら私の番。
初めてのアイシングやケア体験、これで疲れは随分とれたはず。

翌朝の日の出ウオークの時にはいくらか痛い程度。
その後のバーべキュウも楽しく過ごし、待望の海で泳いだ。
ビーチのベンチで爽やかな風に吹かれながら、足の裏を夕日に向けてまどろんだのも忘れ難い。

完走パーティーに、さよならパーティー、同席の仲間とさまざまな話で盛り上がり友達も数人ゲット。
リピーターが多いのはこういうところにも原因がありそうである。

つらつら思うに、制限時間がないということは大いなるアロハ精神ではないか。
誰にでもその気があれば門は開かれている。日本にもこういうマラソン大会が欲しい。

ところでホノルルマラソンを終えてマラソンに対する考え方が大きく変わった。
今まではプールに軸足を置いていたが、これからはジムにしようと決心したのである。

今までは大したこともしないで、これ以上でもこれ以下でもないと記録を眺めていた。
しかし、これからは指導を受けたことを日常生活に取り入れて、より豊かな人生にしたくなった
のである。

到着の時も離陸の時も虹に送迎された旅に宿題が残っている。
折に触れて見た鳥や花や木の名前である。

今日は1月4日、帰国後、数回ジムで走った。走った後にはプールエリアでクールダウン。
足も腰も痛い所がない暮らしに感謝!

そしてこれは次のホノルルマラソンへの道のりとも考えている。
支えてくださった斉藤コーチはじめチームのみなさん、ありがとうございました。
これが最後ではなく、これからも寄り添って頂きたいと考えておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。                
TK



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルではお世話になりました。おかげさまで完走することができました。つらく苦しいと思いながらの
42.195キロでしたが終わってしまえばそれらのことはどこかへ消えてしまいました。ただ楽しかった思いだけが残っています。
途中moonaのゼッケンを見つけてお互い声をかけ励ましあってゴールしたことなどなど....一人では出来なくっても皆ですれば出来るということも今回実感しました。
大会をサポートして頂いた現地のボランティアの方々JTBスタッフの皆さんそしてmomonaスタッフの皆さん本当にありがとうございました。
これからは自分の健康の為にも走ることを続けていきたいし、次回40回大会にも参加しようと思っています。
T.H



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンに参加して

①感じたこと:  太りすぎからくる膝と足首の痛みを抱えながら、やっぱり最後の最後でリタイアするのでは
         ないかという精神的不安を克服してよく完走できたなということです。
         又、MOMONAの科学的トレーニング方法や的確なアドバイスが実に大きかった
         というのが実感としてあげられます。魔法のテープが果たした役割の何と
         大きかったことか。
②感動したこと: 沿道の皆様の応援の温かさと大好きな高橋尚子ちゃんとレース中に握手できたこと。
         FINISHのゴールテープをガッツポーズで切れたこと。愛妻がゴールの手前の応援席で
         超長時間にわか雨にも負けずに待っていてくれたこと。
         そして何よりも、走るどころか3年前までは歩くのもやっとだった痛風もちの体重90KGGSの
         小生が20KGSの減量に成功してMOMONAの皆とホノルルマラソンに参加できたこと。
         走る喜びを感じられるようになったことです。
        (昔の小生を知る人は未だにマラソンの完走が信じられないと言います。)
③走った理由は: 小生の60歳のひとつの大きな区切りとして自分自身の次のステップにしたかったことです。
④MOMONAさんへ: これからもホノルルマラソンに参加する人しない人に限らず、今のパフォーマンスで
         マラソン初心者を励まし、又、10年・20年と走り続けられるランナーを育成
         してください。
⑤トレーナー各位:上述のごとく魔法のテーピングは実に効果的でした。まるで自分の足ではなかった
         みたいです。あれがなかったら完走できなかったかも。
         さらに、完走後のマッサージはとても痛キモでしたが、実に効きました。
         レース翌日のバーべキューパーティー終了後は、運動会会場からマリオットホテル
         まで歩いて帰れるまでに足は嘘みたいに回復しました。有難うございました。深謝深謝。
⑥最後に一言:  場所と時間の関係もあったのでしょうが、ホノルルマラソン当日本番直前のストレッチは各自に
         まかせるよりも、走る前のMOMONAの集大成として皆でやるべきではなかったかと思います。
         その方が更に全員の気合が入ったのではないかと思います。そう思ったのは小生だけでは
         なかったようです。(クソ爺の独り言だと思って聞いてください。)
         これからもトレーニングは続けます。今後とも宜しくお願い致します。
KN



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011ホノルルマラソンに参加して
                愛知の古希のランナー

古希の節目に何かをしたいと思い参加しました。
例年、地元の「揖斐川マラソン」でハーフを10数回走りましたが、
フルマラソンを始めてチャレンジして何とか完走したのはMomonaの
おかげと感謝しております。
7月の「諏訪湖の合宿」からメールによる指導でマラソンの走り方を
指導されて今までの練習から「目からうろこ」が落ちるような感覚で
マラソンの走り方が変わり、楽に愉しく出来てこれから新しくマラソンを
新しくやる人が居たら今後もMomonaのランニングクラブを紹介します。
尚、現地で92歳のランナーと「Hug]したき年の写真をドウソウします。
斉藤さん、またスタッフの皆さん有難う御座いました。


*
斉藤さん、津金さん、そしてカナエさんホノルルでは大変お世話になりました。
清野ですう、職場の先輩といっしょにホノルルマラソン完走できました。
とても、楽しかったです。自己タイム、30分更新、中でも特に良かった企画ハ、アラモアナビーチで水着でエアロビです、
曲には全々合っていなかったり、またまた手足の動きは、めちゃくちゃだったり・・・、デモでも・・一人で楽しんじゃいました。
新企画ですネ、金子さん有り難う。来年も又絶対、参加したいです。

ST



--------------------------------------------------------------------------------

*
いつか、走ってみたいと思っていたホノルルマラソン、友人と参加しました。
以前に一度だけフルを走ったことがあったので、今まで感じたことのない筋肉痛の痛さも知っているだけでに、とても不安が多くありました。
前日は、緊張していたせいかあまり眠れなかったのですが、スタート地点に立った時、本当に走るんだこのために来たんだと思い望みました。
スタートしてもなかなかすすまず、始めはMomona6時間のみなさんと走っていました。
途中から友人とペースをあげながら走っていましたが、人の多さに圧倒されていました。光るブレスレットは暗い中目立ちとても良かったと思いました。
途中から友人とも離れてしまいましたが、なんとか順調に走っていました。
Momonaの人を探しながら走っていました。思っていた以上にアップダウンがあり、心折れそうになりましたが
青いテーピングの人を見つけるたびに元気がでてきたように思います。津金コーチにも途中会い元気がでました。
大きなアフロは遠くからでもよく目立った見えました。
順調に走っていたのですが 31㌔すぎた辺りから、吐き気がしてきました。足は痛いものまだまだ走れる感じだったのに、
はじめて歩ってしまいました。
それからは吐気との戦いで、落ち着いたと思っては走りまた歩きの繰り返しでした。
そんな中でしたが、沿道の応援にも励まされ、ゴールが見えてきたら、涙がでてきました。
涙がでてきたのは、もうすぐゴールだといった思いと、歩ってしまったという悔しい思いと、なんで吐気がといった思いが
あったんだと思います。
次の日帰国でしたが、足は痛いものの、普通に歩くことができ、本当にMomonaすごいなあと思いました。
一昨年はフルマラソン後、足が痛くて2カ月ほど走れなかったのに、この回復ぶりに驚き感激しました。
ホノルルで走れたことは一生の宝です。
また走ることの楽しさを知りました。合宿にも参加してランニングフォームも学ぶことができて本当良かったです。
斎藤コーチ、Momonanoのみなさんありがとうございました。
Momonaで参加できて本当良かったです。

KJ



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソン参加し完走することができ、自分への誕生日プレゼントにでき大変嬉しく思っています。

なによりも感じたことひとつ。
マラソン大会でいつも感じるのですが、周囲の皆様の声援がとてもうれしく、楽しんで走ることができるのですが、
初めて42.195Kの想像できなかった距離を走ることができたのは(だいぶ歩いていますが...)まさに声のおかげでした。
とくにmomonaの皆様には力をいただいたと思います。ほんとにほんとに皆様に感謝感謝です。ゴールできた時『ありがとぉぉぉ!!!』でした。
またホノルル行きたいです!

NM



--------------------------------------------------------------------------------

*
私は6時間の斉藤さんの集団に着いて行く気満々でしたが途中から着いて行けなくなり、
一度は6時間半コースに拾われたもののすぐにはぐれてしまいました。そこからはずっと、
一緒に参加した会社の先輩と2人きりで走りました。膝が痛み始めてからはたくさん歩いてしまいましたが…途中、
モモナの青いテーピングを見つける度に勇気づけられ、声をかけたりかけて貰ったり。みんな頑張っているんだと思うととても励まされました。

やっぱり6時間コースに着いて行きたかったので、結果としてはだいぶ遅れてのゴールになってしまいました、、、
練習が足りなかった事は百も承知です。斉藤さんに言われるだけマラソンスクワットを頑張っていたなら、
着いて行けたのかもしれない等とも思ってしまいます。それでも、ちょうど一年前くらいに初めて皇居一周(5㌔)を走った後に、
ビックリする程膝が笑って動けなかったこの自分が、フルマラソンに出場して完走した事じたいが奇跡的だと思っています!
人生分からないものです(笑)。

斉藤さんを始め、モモナのトレーナーの皆様、
一緒に参加できた皆様、一緒に走ってくれた先輩、
ありがとうございました!!皆様の存在がなければ、私のホノルルマラソンもありませんでした。

I.K



--------------------------------------------------------------------------------

*
明日は、いよいよ思い出のホノルルマラソンの模様のTV放映の日になって
しまいました。
私は、2011年4月に還暦、定年退職を迎えるにあたり、ホノルルマラソン還暦完走を
目指したいと目標をたてました。そんなとき、たまたまNetで、momonaのメール無料講習と
出会いました。
2月末からのメール指導に始まって、駒沢公園(3回しか行けませんでしたが)の
練習、諏訪湖合宿などなど、そしてホノルルでの本番まで。。。本当にお世話に
なりました。

●斉藤コーチのおっしゃっていたとおり、スクワットと腹筋をほとんど毎日続けた
成果で、最高は諏訪湖1周16K、一人では10Kしか走ったことのない、還暦の私でも、
ホノルルマラソン完走することができました!!
momonaチームは、初心者のほとんどが6時間前後でゴールを目指していたようですが、
私は、自分の実力では難しいと思っていたので、無理をせず、ゆっくりマイペースを
続けました。心拍数計測時計を身に着けて走っていたので、120を目安にこつこつと
走り続けました。最初、ついていけるかと思ったのですが、やはり無理でした。
知り合いになった人と途中まで一緒でしたが、そのうちに一人旅。
でも、宿泊先のホテル前(Marriott Waikiki Beach)で、応援の夫に会え、写真をとってもらい、
少し長めのトイレ休憩をとり、再スタートのあとは、水飲み休憩とenergy zerryの
補給時以外は、止まらずに、走り続けることができました!!

●足がほとんど痛くならなかったのは、momonaのテーピングのおかげだと思います!
あっ、それからもう1回!早稲田の校歌が聞こえてきたので、見たら、沿道で校旗を
掲げていたので、「私も早稲田なんです」って、かけよって止まったら、私より年配の
おじさま2人が私に肩を組んで、写真をとってくれ、還暦だと言ったら、大声で、
「還暦マラソン頑張れぇ~」って、送り出してくれました。これも楽しい思い出です。
ここで止まらなかったら、もう少しタイムが速かった?!かな???(>_<)
目標は、7時間以内だったのですが、結果は、7:10:26と、ちょっとオーバー
しちゃいました(>_<)
でも、もうひとつの目標の、「歩かないで笑顔で完走」は、達成できました!!
ゆっくりゆっくり走り続けました。
途中で、カメさんのように、歩いていた人たちを追い越すこともできました。

●momonaの人を見たら、必ず声をかけましょう、という約束が心強かったです。
後半、スコールに合ってしまったとき、19年連続参加しているという、Kさんという
72才の女性と併走したところがありました。momonaのゼッケンで、声をかけて
しばらく一緒に話しながら、走りました。
また、逆に、諏訪湖合宿で一緒だったTさんが、ずっと速くて、彼女の折り返し後に
走って来たところですれ違った時に、私の方から、Tさ~ん、頑張って、と声を
かけました。そしたら、年末にお礼のメールをいただきました。
あの時、一人旅になっていて、足が痛くて、心が折れそうになっていたとき、
私のエールが励みになって、頑張れて、5時間半くらいで完走できたとのこと。
とても嬉しくなりました。
私は、現地ケアのみの参加で、完走パーティや、その後のOPには
参加できませんでしたけれど、諏訪湖合宿、親睦会、駒沢公園の参加、
ホノルルでのマラソン前のOPへの参加を通して、たくさんの方々とも
知り合いになれ、一人旅であっても、一緒に走った連帯感を味わうことが
できました。

●また、走る前のトレーナーの方の個別ケア、本当にお世話になりました!
朝のRUNでも、トレーナーの方に励ましてもらいながら走って、本当に
ありがたかったです!
完走後、少しの筋肉痛は残ったものの、ずっと動き回れました。

●斉藤コーチのアドバイスの、写真に写る方法を実行したおかげで?
たくさん写真にも写って、心に残る思い出になりました。
完走した直後は、先のことは考えられませんでしたけれど、また走れたら!と
思うようになりました。またお世話になるときは、もう少しスピードアップできたら、と
思うこの頃です。
本当にありがとうございました。 
I.e



--------------------------------------------------------------------------------

*
1昨年前に健康とダイエットのために
ジョギングを始め、
いつかは(5年後くらい)はホノルルと
漠然と思っていました。
ところが、昨年のテレビ放送を観て
がぜんその気に。

早速調べて、春からmomonaで走り始めました。
最初は「やっぱりフルマラソンなんて…」と不安だらけでしたが、
2か月くらい前からは楽しみで「早くホノルルを走りたい」と思うように。

当日は雰囲気もあってテンションもアップ。楽しく走り始めてゴールまで辿り着けるのでは、と思っていました。

ところが、折り返し付近から少しずつ
先頭集団から遅れ始め、気が付くと一人に。30kmまでは遅くても走っていたのですが、足も痛み始め歩き始めてしまいました。
「このままゴールまで歩こうか…」と思っていた時、前方にmomonaテープを貼って歩いている人が!
早速「momonaの方ですか?一緒に行きませんか?」と声を掛けました。
その方が、なんと琵琶湖合宿で知り合い、帰りの電車の中でお話をしていたTさんだったのです!
「しんどいし歩いてゴールしましょう」などと思っていたのですが、
「少し走りましょうか」「あの木まで走りましょうか」を何度か繰り返しているうちに、ようやくゴールが見えて
そこからはラストラン(これがなかなか遠い)。
なんとか笑顔でゴール出来ました。

一人だったらあのままダラダラと歩いてしまい、きっと1時間くらいは遅いゴールになっていたと思います。
momonaのブルーテープを貼っていたTさんに出会えたおかげです。本当にありがとうございました。
後日、移動先のホテルのフロントでTさんに再会!少しの間、部屋でおしゃべりしました。

「初マラソンはホノルルで」の想いがこんなに早く実現出来て、本当に良かった!
しんどかったけど、嬉しさと楽しさいっぱいのホノルルマラソンでした。

Y.S



--------------------------------------------------------------------------------

*
あの感動から1ヶ月経ちますが、感想文を送ります。

まず、初心者である私をはじめ、260名の完走を導いたmomonaランニングクラブを
率いる斉藤コーチ、津金さんはじめトレーナーの皆さん、そして各地区ボランティア
スタッフの皆さんに感謝致します。また、共に完走した仲間のみなさんにも、感謝の
気持ちで一杯です。

2011年1月に、箱根駅伝の好レースの印象が強いまま、年頭の想いとして、フル
マラソンへの挑戦を家族や職場に宣言していました。まだ、ホノルルを走ろうとは、
具体的にも思っていませんでした。

10Km,ハーフの経験はあるものの、自分ひとりで、近所の土手沿いのサイクリング
コースを自己流で走っていたに過ぎませんでした。
何を隠そう、学生時代は1.5Kmの持久走すら大嫌いで、マラソンの中継なども、
ほとんど見たこともありませんでした。50歳を迎え、メタボ防止のために、散歩
からジョギングを始め、少しずつ走ることの楽しさを知った3年目の初フルへの挑戦
となりました。

5月の連休が過ぎ、マウイやニューヨークなどの海外大会に興味が出て、12月の
ホノルルも当然のように調べ始めていました。ツアーの発売開始が7月になるような
ので、概算がいくら位で、どのようなモノがあるかをインターネットで検索すると
momonaもヒットしていました。但し、青色の航空会社のマイレージもあり、航空券
とホテルを自分で手配して、現地でのイベントに参加できないものか、考えていました。
momonaの7月の諏訪湖合宿に参加し、momonaで「現地ケア」があることを知り、早速
申し込みをした次第です。「目からウロコです」のその通りに、価値観も変わりました。
10月も諏訪湖合宿に参加し、いよいよフルへのカウントダウンが始まりました。
2回の親睦会には参加しましたが、駒沢公園の練習は1度だけでした。
(残念ですが、ちょっと遠く、行きにくかった)

日程は、7日(水)出発、12日(月)帰国の、後の楽しみができないパタンでした。
一種の宗教のような、教祖:斉藤さんの科学的な理論と、老若男女のメンバが体育会系
バリで、ホノルル到着後の時差ぼけトレーニング、歩く買い物ツアーと、実にユニーク
で、楽しい思い出となりました。
今回は、妻がレースデーウォークに参加するだけでしたが、この本番前のOPメニュー
で、ワイキキの西から東まで、2人で歩き通しでした。

さて、本番の様子です。
アフロ部隊と共にスタートラインに立ち、カハラ(14Km)の休憩までは一緒でした。
ここで15分の休憩でしたが、数名が先に出発したので、私も我慢できず、走りだしま
した。以降、給水ポイントで休みながらも何とか走り続けます。ハーフの手前で、
浅田美和さんや内藤さんがすれ違い、その直後に津金トレーナーとすれ違い、写真を
撮ってもらいました。ハーフ通過3時間4分。ハワイカイ廻って戻ったところで、
力尽き、しばらく歩き出しました。ハイウェイを降りてからも、ダイヤモンドヘッド
の戻りもバテバテでしたが、6時間7分8秒でゴールできました。
その後のテントでのアイシング、マッサージ、夜の個別ケアのおかげで、翌日12日の
朝に帰国でしたが、痛みもなく、普通に歩けたことに感動でした。

忘れたかった失敗があります。実は、本番でのチャンピオンチップの装着を忘れて、
公式記録がありません。EXPO会場から戻った際(これも個人での参加だったので)
に直ぐに付けておけばよかったのですが、当日の集合場所で気がつくほどの失態でした。
なので前述の記録は、GARMINでの貴重な記録です。Youtubeでのゴールシ
ーンの確認、コース途中の公式写真も、私の記録です。
きっと、次回(今年2012は無理か)の挑戦で、同じ失敗はしないでしょう。

東京マラソンの抽選も3回落ちています。momonaもサポートするようなので、来年の
東京マラソンには絶対走りたいと思います。

「現地ケア」は、非常に良かったと思います。飛行機やホテルを手配できる方ならば、
間違いなく、一般のマラソンツアーよりも良いサービスを受けられます。
そして、私の体験できなかった、ビーチバーべキューをはじめ、本番後の楽しみも
多くあるのが、momonaの特徴と思っています。次回は、都合つけば、後半OPにも
参加したいと思います。

また、みなさんにお会いすることを楽しみに、個人練習を続けて参ります。

”感動をありがとうございました!”

WW



--------------------------------------------------------------------------------

*
まずは斉藤コーチはじめMomonaの全てのスタッフの皆さん
そして一緒に走ってくれたチーム・Momonaのみなさん
ありがとうございました

完走できたこともですが、膝の痛みが出なかったことが何よりうれしかったことです。


2011年はリタイヤ元年
齢60最後の締めに挑んだホノルル初マラソン
42キロ笑ってゴールよくやったねと自分褒め

これは年賀状のメッセージ、本当に42キロ未知の世界、我ながらよくやったと思います。

5月に初めて講習会を受けて、あっ!このクラブで行こう!って思った。
マラソンは科学。理屈っぽいわけではないが、38年間エンジニアで過ごした自分にとって
斉藤さんの筋の通った講習・理論はスッと腹に落ちた。


以来半年。練習会、メール講習、合宿・・・
そして必ず完走できると確信して臨んだ12月11日
前夜、時差ボケはないはずなんだけど緊張?不安?なかなか寝付けない。

しかしホテル集合⇒スタート地点へ⇒気分は高揚⇒スタート!
しばし花火見物の後、走りだす(もとい)歩きだす。
さぁ!行くしかないっ!あとはペースメーカーについて行くだけっ!

前半は思った以上にスローペース、こんなんで6時間?
しかし30キロを過ぎてからはついて行くのがやっと
給水・休憩で追い付いては坂道で引き離されの繰り返し。

そしてカピオラニ公園、フィニッシュ!
ダッシュでみんなに追いつき、ついにゴール!

きつかった!でもよかった!

ありがとう!



--------------------------------------------------------------------------------

*

2012年。年明け、走り初め、そしてTV特番
アロハ・スピリット
ハワイの皆さんにも感謝ですね

ホノマラ、やっぱりいいなぁ
他のマラソンにも出てみたいけどまたホノルルもいいなぁ


*
ずっと長い間チャレンジしてみたかったホノルルマラソンで、
初フルマラソンを無事完走する事が出来て、本当に嬉しかったです!

不安もありましたが、走ってみると想像していたより楽しく、やれば出来るという事を心から感じました。
2011 ホノルルマラソンでの経験や出会いは、とても貴重なものとなりました。

斉藤コーチをはじめ、momonaスタッフの皆さま、そして今回出会えた皆さまに感謝しています。
ありがとうございました!!

また機会があれば、是非参加したいです。。

YM



--------------------------------------------------------------------------------

*
私のランナー歴は1年ほどで、週末しか時間を作れず
毎月多くても8日程度、距離も日に10キロ程度でした。
最終的にホノルルマラソンへのエントリーを決めたのも10月頃でした。

そんな私ですが、ホノルルマラソンは6時間16分で完走。
斉藤さんと一緒にゴール出来ました。
スタートしてから30キロ位までは順調に走ってきましたが、
最後の10キロは足の痛みとの闘いで、
本当に痛くて、もう走りたくなくて、、、と思う背中を押してくれたのが
一緒に走ったmomonaの仲間です。
ありがとうございました。皆がいなかったら、きっと歩いて休んでしまっていたでしょう。
ゴールして感動してしばらくは充実感に包まれていたのですが、、、
なんだか、さびしい気持ちもありました。
目的を達成してしまった寂しさですね。

また、次を目指したいと思います。

最後に、スタート地点で不安だった私を安心させてくれた
津金コーチ、ありがとうございました。

KS



--------------------------------------------------------------------------------

*
初フルマラソン、momonaツアーで参加できてよかったです。
1人参加で不安でしたが、すてきな仲間ができ一緒に走ることができて
ほんとに嬉しかったです。
これからもマラソン続けていこうと思います!
また、ホノルルマラソンにも参加したいです。
コーチやスタッフのみなさんには大変お世話になりました。
一生の思い出です。ありがとうございました。

MK



--------------------------------------------------------------------------------

*
【2011 私のホノルルマラソン♪♪♪】


やったー!
初マラソン完走です♪

今年の春からランニングを始めて9ヶ月でフルマラソン完走できるとは!!! 感激です。
長く勤めた会社を春に卒業して、4月から走り始めました。

30代最後の思い出に、私の周りで誰もやっていないフルマラソンに挑戦したくホノルルマラソンを。

たっぷり時間があり、1キロずつ距離が伸びるのが楽しくて♪ 張り切ってたら4月末に膝を痛めてしまい・・・
5月、6月は全く走れずに・・・7月は痛いながらもゆっくりペースで走ってました。
いっこうに膝の痛みは治らず、「完走できるのだろうか!?」 と不安と焦りがつのるばかりで・・・

ショップの定員さん、スポーツクラブのスタッフ、スポーツ専門医院のスタッフなどに
膝の痛みとホノルルマラソンに挑戦することを相談し、それなりの解答はあっても・・・テンション上がらず
私の不安はどんどんつのり、「まだ早いのかな?・今年のチャレンジは無理なのかな?」 と思うばかりでした。

今、チャレンジしなければいつするのだろう?!
来年は別の問題で悩むんだろうな・・・ と思い あきらめずにインターネットで調べていたら
momonaを発見!

講習会で斉藤コーチの話を聞いていると、マラソン初心者が体験する故障・不安・焦りを
順を追って経験していたので、「すべて予定通りなんだ♪」 と安心感で満たされ
完走のイメージが描け、これだ!!! と思いmomonaでの参加を決めました。

それからの練習は・・・momonaホノルルマラソン通信を熟読と走って痛み出したら走らない!の練習でした。
痛みが出るのはだいたい5~6キロあたり、なのでそれ以上は走らず。。。
これで42キロを走れるの?! って自分でも不思議? しかもコーチは遠い遠い東京で。
なぜか不安はありませんでしたよ。 1人でハワイに行くことのほうが不安いっぱいでした ^^;

マラソン当日は・・・
初のフルマラソンなので30キロぐらいから何が起きるのか!?
どんな激痛なのか!!? 期待のほうが大きくて。
「キツくて足が上がらないけど進んでる♪」
「ホノルルの町を今!走っている♪」
「未知の30キロ以上を走れている♪」 ことが嬉しくて感動しながら走ってました♪

タイムはあと2分早ければ・・・。 ここがまた挑戦するぞ!!! って思わせる
ホノルルマラソンの楽しいところですね(^o^)

初めてのフルマラソンがmomonaで、ホノルルでよかった♪
2012ホノルルマラソンは40ht 次回も走りたい~♪♪♪

初めてのフルマラソンを大きなケガなく 、楽しく、安心して完走できたことは
斉藤コーチ・トレーナーの皆様・momonaスタッフの皆様が支えてくれたからです。
本当に感謝しています。
有難うございます。

私の第1回ホノルルマラソンは人生の転機に合わせての挑戦でした!


KK



--------------------------------------------------------------------------------

*
初めてマラソンの大会に挑戦したのがホノルルマラソンでした。
ハーフも走った事がなかったので完走出来るかとても不安でした。
膝・股関節も少し痛めていたので、練習も週に1回ほどでした。
しかし斉藤さんのアドバイス通り、腹筋・マラソンスクワットは8月からほとんど
毎日欠かさずやっていました。
そのお陰で6時間台で完走する事ができました。
本当に斉藤さん・トレーナーの方々のお陰です。
本当にありがとうございました。
去年はホノルルマラソン完走に向けて頑張り、それが達成できた事にとても感激し
ました。
これからの人生も一年一年目標を持って生きて生きたいと思います。
momonaに出会えて良かったです。



--------------------------------------------------------------------------------

*
モモナの皆様お世話になりました。
子育て中心の毎日の中、40歳手前にしてジョギングを始め、気がつけば10キロ走れるようになっていました。
そんなある日、「よし!ホノルル目指そう!」と思い始めました。
そして2011年12月11日、念願のホノルルスタート地点に立っていました。
高校のときからの親友と一緒に行ったのですが、スタートは別々に立つことにしました(ごめんね!)。

5時間を切りたいという目標があったので・・・。
 無謀かなと思いましたが、4時間半のグループについていきました。最初の難関といわれている
ダイアモンドヘッドの上り坂もなんなく超え、夜明けとともにハイウェイに入りました。
スタート地点で声を掛けてくれたゆりちゃんとずっと一緒に走りました。沿道の地元の方の応援がすごくパワーアップになりました。

 ハーフをこえた時、「自己新!」なんて声を弾ませて走っていましたが、
25キロ過ぎあたりから足が重くなりました。ハワイカイに入る手前の所で、「やばい!トイレに行きたい!!(小ではない!!)」と思い、
それまでずっと一緒に走ってくれたゆりちゃんと泣く泣くお別れしました。
 それからはほんとに一人旅のスタートだと思い、「よーし!!」と声を出し出発しました。さみしかったけれど、

みんな同じ方向に向かって走ってるので、「大丈夫!」と自分に言い聞かせました。帰りのハイウェイに入り、
たくさんのモモナのメンバーとハイタッチをしました。ブルーのテーピングを見つけると、ほんとに勇気がわきました。
そんな中、ずっと探していた友達とすれ違いました。「ひーさよーーー!!」と声をかけてくれ、感動の対面でした。

そこからが全く足が上がらなくなりました。最後の5キロに1時間以上もかかってしまいましたが、
マイル表示がだんだん26に近づいてくるといろんな気持ちがこみ上げてきました。
そして、ゴールゲートのあるストレートに入った時、「きたー!!」と感動しました。

しかし、看板に「あと1キロ」と書いてあるのを見て「まじで?」とちょっと凍りつきました。
そんな中、モモナメンバーの一人の男性が「最後まで一緒に走りましょう!!」と声を掛けてくれました。
とっても嬉しかったのですが、全く足が上がらなかったので「もうお構いなく、お先にどうぞ」と言ったら、めちゃめちゃ励ましてくれゴールまで一緒に走ってくれました。

かわたさんという方だったと思います。一緒に走っていただいてありがとうございました。
ゴール後、感動のハグまでしちゃいました。写真にばっちり写ってました(笑!) 。
5時間12分!よくがんばったと思います。

地元のボランティアの方々、モモナのスタッフのみなさん、本当にお世話になりました。また、絶対走ります(^O^)V    
M



--------------------------------------------------------------------------------

*
還暦記念にホノルルマラソンを走りました。 25歳の息子と一緒に走りました。
スタートは午前5時。 アメリカ国歌が演奏され大音量の花火が何十発と打ち上げられま
した。 参加者は3万人弱。 ギャルと中高年のおじさんが結構目立ちます。
日中の平均気温が28度、朝夜が15度くらいでいつも適度な風が吹き渡っていてコンディ
ションは快適そのものでした。
初めてのフルマラソン、さすがにゴールは遠かったです。 30kmあたりからだんだんきつ
くなってきましたが、沿道のボランティアに励まされ何とか息子と同タイム(5時間7分)
でゴールできました。
今回、ホノルルマラソンを走ろうと思い至ったのは「還暦」を機にもう一度生まれ変わりた
い、その第一歩に何か記憶に残るようなことをしたいと思ったからです。



--------------------------------------------------------------------------------

*
昨年の2月から、Momonaと出会いマラソンを初めてから、1年未満でホノルルマラソンを完走できたことを、とても感動しています。
もし、Momonaと出会ってなかったら、フルマラソンをチャレンジ!することは、私の人生で経験することはなかったと思います。

5時間で完走する!という目標には、届きませんでしたが、走っているとき足が痛くて、痛くて、歩いていたときに、
同じモモナメンバーの方にモモナゼッケンを見られて「Momona ファイト!」とお声を掛けていただきました。
面識のないメンバーの方でしたが、モモナパワーをもらい、再び走りだすことができました。

5:36で完走できて、とても嬉しかったです。走ることが苦手だった私が、フルマラソンを完走することができて、自分の人生に自信を持つことができました。
また、今年もホノルルマラソンにチャレンジしたいと考えています。

ホノルルマラソンを完走した翌日も、モモナテーピングのお陰で、足の痛みなし、筋肉痛なしで、BBQのビーチレースでは、猛ダッシュ!して一人抜くことができました。

斉藤コーチをはじめ、トレーナーの皆さん、大阪代表の井上さん、山本さん、そしてメンバーに感謝いたします。
ホノルルマラソンまで、いろいろ支えていただきありがとうございました。
TE



--------------------------------------------------------------------------------

*
本当にありがとうございました。
本当に人生が変わりました。
本当です!

今、私の体が、走りたい走りたいと言っています。
また、走り始めたいと思います。

M.M



--------------------------------------------------------------------------------

*
ガン検診で引っかかり、数週間後に地元の大震災、
その約一か月後には同僚の死、死生観と向合う日々でした。
『生きてるんだから、やりたいことをやろう!』という思いから、
フルマラソン、チャレンジを決意したのが昨年の8月。
そんなきっかけで、見つけたのがMomonaでした、
そこでは最高の仲間と出会うことが出来ました。

私の42.195キロは人生そのものが凝縮された時間でした。
心が折れたり、吹っ切れたりと自分自身との戦い
そんな状態でゴールできたのは、沢山のMomonaの存在です。
仲間の頑張る姿に励まされ、すれ違えば声を掛け合い
沢山の勇気とパワーをもらいゴールを目指すことが出来ました。
ゴールの瞬間は感動より達成感の方が強かったです。

翌日は筋肉痛もほとんどなく、ハワイを満喫できました、
毎日のメールと青いテーピング、個別ケアのおかげです。
次回大会も参加したいと思っているのでよろしくお願いします。

沢山の仲間と出会えた場、Momonaに感謝です!!
HY


--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンおつかれさまでした!
コーチをはじめ、スタッフの皆様方、あたたかく、頼もしいサポートありがとうございました。
初めてのハワイで初めてのフルマラソンへの挑戦は簡単なものではなかったけれど、
走って良かったーー!がんばってよかったーー!って素直に思えました。

まだまだ、いろんなことに挑戦できそうなパワーを感じました。
ホノルルマラソンに一人でいってくるっていったら、一緒に走るって付き合ってくれためぐみちゃん、
一緒の思い出ができたこと感謝してます。

そしてmomonaは強いスタッフと、素晴らしい仲間に出会えるチームです。痛感です。

2011年いっちばんの思い出になりました。また行きます!
合宿も楽しかったです!

チームの皆さんと同じ目標で頑張れたこと、心の中の宝物になりました。
本当に本当にありがとうございました!
またどこかでお会いできたら嬉しいです。

ばんざい チームmomona2011
TU


--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンお疲れ様でした。
コーチやスタッフのみなさん、色々お世話になりありがとうございました。
私は初めてフルマラソンに挑戦したのですが、Momonaの教えのおかげで無事に完走することが出来ました。

友達に誘われたのがきっかけ、運動不足だしたまには体を動かそうと軽い気持ちで走り始めました。
それから約一年でまさか自分がホノルルのスタート地点に立ってるなんて!

練習不足のうえマラソン数日前に膝を痛めてしまい、正直走りきれるか不安でした。
でもやるしかない!と自分に言い聞かせて走りました。
今まで最高15キロしか走ったことがなかったし、42キロは未知の世界!本当に長かった!!
途中で何度かくじけそうになったけど、一緒に参加した友達に支えられ最後まで走りきる事が出来ました。
ゴールが見えた時は本当に感動しました。

このホノルルではいい思い出がたくさん出来て、参加して本当に良かったと思っています。
走り終えた数日は膝や足首が痛くて、もう走りたくないとまで思いましたが・・・
今はこれからも頑張って続けていきたいと思ってます。
N.M



--------------------------------------------------------------------------------

*
今井澄江です。
2010年のホノルルでモモナの魔法にかかったシンデレラは一年間沢山の仲間に支えられ走り続けました。
一人では続かなかった☆*
そして2011年ホノルル……5時間9分.目標には全く届かなかったけどマイペースに完走しました。
「走り続けて」と言ってくださった斉藤コーチ
一年間トレーニングしてくださった津金トレーナー
私を引っ張り応援してくれた仲間たち


本当にありがとうございました。 52歳のシンデレラより



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011年の約1年間ホノルルマラソンに向けて大変お世話になりました。

斎藤コーチ、津金トレーナ、その他大勢のスタッフの皆様に大変お世話になりありがとうございました。
初めは、本当に走れるのかなぁ~と思っていました。
でも春と秋に琵琶湖合宿に参加し、走り方の基本をしっかりと指導していただき、
コーチと一緒に皆さんとゴールできたときには、感激でいっぱいになりました。
また、次も走りたいとすぐに思いました。

2012年も、是非マウイかホノルルマラソンに参加できたらと思っています。
その時にはどうぞよろしくお願いします。

モモナランニングクラブ最高です。
有難うございますた。
N


--------------------------------------------------------------------------------

*
今回初めてのホノルルマラソンでした。
走ることは好きでしたが、42キロ走りきれるのかはスターする時、むしろゴールする時まで半信半疑でした。
第一目標にしていた楽しく走る事、ハワイの満喫すること、これは達成できました。

1月に思い立ってフルマラソンに挑戦することを決めました。
これまで運動は好きでしたが、マラソン、しかもフルなんて走ったこともないので何から取り組めばいいのかはさっぱりわかりませんでした。
フルは思いつきではゴールできないと思い、基礎を身に付けようとしていました。
その時に一緒にフルマラソンに挑戦すると決めた友人が見付けたのがmomonさんでした。

駒沢公園の講習で基礎の基礎から教えてもらい、正しいフォームを教えてもらった時には本当にそれまで走れていた距離よりも伸びてびっくりしました!!
毎週練習会に参加するキャラではなく、かなりのレアキャラでしたが、走ることの気持ち良さ(とその後のお酒のおいしさ)を駒沢公園で知ることが出来ました。

本番のホノルルマラソンに向けてはメールでたくさんのことを教えて頂き、これがなかったゴール出来なかったのではないかと思うくらいです。
2012年は出場するか迷っているのでこのメールが来なくなってしまうのかと思うととてもさみしいです。
全く気付かなかったフルマラソンの注意点、持ち物、全てこのメールで教えてもらいました。
おかげで何も調べることなく、本を読むこともなく当日を迎えることが出来てものぐさな私にはとても助かりました。ありがとうございます。

ホノルル入りしてからも万全のサポート!
特にテーピングマジックに感動しました。
持病の腰痛が12月は特にひどくてホノルル入りしてからも心配をぬぐえませんでしたが、
テーピングしてもらった腰とひざはゴールまで痛む事がありませんでした。
日常用に教えてもらいたいくらい感動しました(笑)
これまで膝と腰に泣かされたことは数知れず。
それなのに全く痛まなかったこのテーピングにとても感謝しています。

このテーピングの効果はもう1つ。
仲間意識が芽生えることです。
走る道すがら青いテーピングの方々に何度励まして頂いたことか…。
体は疲れても心は疲れることなくゴールまで行けました。

1年。ホノルルマラソンを目標にしてきて、ゴールした時にはどんな達成感だろうかと思っていましたが、
かなりの距離を歩いてしまったことで達成感は全くありませんでした。
自分の中で文字通りの『完走』することがこんなにも目標になっていたとは思いませんでした。
次にホノルルを走りことができる機会があれば文字通りの完走をして2011年に味わえなかった達成感をかみしめたいと思います。
その時はまたmomonaのみなさんと走りたいと思います。
そして完走ではありませんでしたが、ゴールすることができたのはmomonaのみなさんのおかげです。
齋藤コーチ、トレーナーのみなさん、本当にありがとうございました。
YM


--------------------------------------------------------------------------------

*
40歳になる前に『やり残したこと』の一ひとつホノルルマラソン。
2011年のお正月に出ようと決めました。記念出場です。
12月にフルだから6月にハーフマラソンでしょと、張り切って
出場しすっかり膝を痛めてしまいました。
まさに斉藤さんが言うやってはいけないこと、ですね。
そこでプロに教えてもらおう!とネットで検索したのがMomonaでした。

Momonaツアーに申込んでからは絶対完走できる!と
楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。
ほとんど走るトレーニングができなかった(やらなかった)ので
ひたすらスクワットだけやった感じです。

本当は歩かないで完走したかったのですが、膝が痛くなってしまい
一人で歩いてのゴールでした。
でも、途中で何人も何人も、何人ものMomonaの方々に声をかけてもらい、
本当に心強くて、うれしかったです。
中には手をつないで「一緒に行こう!」と励ましてくださった方もいました。
この場を借りてお礼が言いたいです。ありがとうございました!!!

斉藤さんはじめ、トレーナーの方々にもお世話になりありがとうございました。
ゴール直後よりも日が経つほどに感動がこみあげている気がします。
終わってみれば《誰でも行けるけど、行こうと決心したこと》こそが
すごいことだったと思います。
もし、参加を躊躇しているひとがいたら、絶対参加するべき!
と言いたいです。
FM


--------------------------------------------------------------------------------

*
2年ぶりのホノルルマラソン2回目。
2009のホノルルマラソンは完走のみの・・全くダメな結果。
今回はリベンジのホノルルマラソンでしたが・・
11月のマラソン大会に参加し、右脚後腿を痛め、マッサージと針治療し出発。
やはりフルマラソンはあまくなく、途中でダメでした。

ホノルルへ向けて5年前からジョグを開始。
でも、長年の不摂生でメタボ改善からスタートするも・・・ケガばかり。
怪我してもジョグを止めようと思わなかったのは不思議です。
やっと、体重大幅減で最近、妻がデートしてくれますし、LSD(30km)には自転車に乗り給水係でサポートしてくれます。感謝、感謝です。

今回はMomonaのメンバーからの応援には大感謝!!
辛い時のメンバーから声援で『頑張ろう!』また、仲間と一緒に走るのは大変楽しかったです。
いろいろな仲間とお会いできたのはホノルルの【一番のお土産】です!

一昨年に還暦迎え、あと何回フルマラソンに参加出来るか? 
今年はロードバイクに挑戦とフルマラソンの再挑戦をめざしカンバローと!・・。
また、仲間との素敵な出会いために!
K.K



--------------------------------------------------------------------------------

*
「私のJALハワイホノルルマラソン」(感想文)
念願のホノルルマラソンを完走できました。Momonaのスタッフ並びに参加の皆々さん有難うございました。最シニア・時間喰いコースをお陰様で卒業できました。

私がマラソンに目を向けるようになったのは、古稀の人生の迷いからです。寂しい人生が延々と続くことを思っての事からです。
健康第一身体は鍛えなくてはと思い立ったことです。人々はこれを「年寄りの冷や水」と言っております。

まず、毎日散歩をすることでした。然し或る時偶然にI.Tで東京マラソンの参加者募集を知りました。
落選で元々と10㎞の申し込みを夫婦でしたところ、偶然にも私が当選してしまいました。それから4か月自己流ジョキングをし、どうにか、時間内完走できました。

そこで、天狗が一匹生れました。時間制限がないならフルマラソンだ、そこで門戸をたた
いたのが、初心者を親切に育ててくれるというMomonaクラブでした。早速入会しました。
地方からの練習参加は駒沢1回のみでした。当地は大震災で四重苦の地福島市のためです。

手取り足取りの通信教育がスタートしまして、めきめきと才能が開花しまして、最強のランナーが誕生しました。
しかし、経験は10㎞しかありません。それは実際に走ってみてとしか言いようがありませんでした。

自信満々でスタートラインにつきました。しかし、メッキはすぐ剥がれてしまいました。
ダイヤモンドヘッドの坂道は、加齢とスタミナ不足の人は寄せ付けないものでした。30kmあたりから、歩けが入ってしまいました。
それでもMomonaの皆様からのお声がかりは実にありがたいものです。感謝感謝です。

途中の強いスコールは実にありがたく、体を冷やしてくれまして走る支援をしてくれましたので、
予想時間よりもはるかに遅れながらもどうにか、こうにか完走できました。最高の冥土の土産ができました。
これも皆さんのお陰様です。また機会があったらぜひ参加したいものです。
K.O.



--------------------------------------------------------------------------------

*
2011年ホノルルマラソン 完走!!
本当にありがとうございました。
きっかけは2011年5月のGWに駒澤練習会に初めて参加したことからでした。
^ランは続けたいけどフォームを正しく教えてくれるサークルないかな?^と探していたところMOMONAにヒットしたのです。
練習会では親切に丁寧に教えてくださいます。
合宿などもあって、少しここでやっみよう!と思いました。
ホノルルは2年後くらいの計画でいいと思っていましたが、皆さんと時間を過ごすと「今年行きたい!」にすぐに変わってしまいました。
でも、いざ走る生活になったらすぐに膝に来てしまいました。
メール講習会でも「痛くない範囲でマラソンスクワットと腹筋を!」とのご指導でこの夏はすっかりインドア生活でした。
初めはなかなかマラソンスクワットが続かず、15分で嫌になってしまいました。
でもこれも少しずつ出来るようになりました。
「マラソンは科学!」本当にそうでした。
マラソンスクワットができるようになったら走ることも安定してきました。
長年の夢がかなうのかな?
でも、斉藤先生は「ホノルルがゴールではなく、ホノルルがスタートです」とおっしゃいました。
果たしてどうなるのか?
とうとう12月に入り本当にクライマックスでした。
本番は何とも言えす興奮し「いよいよだー」とスタート!!
はじめは話しながら笑いながら・・・でしたが、後半の30キロ過ぎはきつかったです。
でも、「笑顔でゴール!!」って先生も言ってたし・・・自分でもテーマにしていました。
MOMONAの仲間は本当に皆声を掛け合って、それはそれはすばらしいチーム力です。
ラストの2キロくらいでしたか・・・MOMONAの仲間にまた出会いました。
私は自分でもそうとうヘロヘロでしたが仲間に「一緒に走りましょう!大丈夫行ける行ける!などと声をかけていました。
すると、自分が元気になって、最後はMOMONAの仲間と手を繋ぎ笑顔でゴール出来ました。
初マラソンで目標の5時間台(ギリギリでしたが)でゴールできました。
多分あの時仲間に会わなかったら、このタイムは出せなかったと思います。
仲間に感謝です。
アロハの心とは決して見返りを求めない、仲間を家族のように思うこと・・・
人に与えることで自分も力をいただいている・・・
今回、現地では多くのボランティアの方々がこの大会を支えてくださっていました。
また、MOMONAのスタッフも国内外から多くの方々が駆けつけてくださっていました。
そんなネットワークをここまで積み上げてくださった斎藤先生に感謝です。
2011年はいろんなことがありました。
震災や私自身の仕事のこと人間関係のこと。
自分と周りとの関係を見直す年だったと思います。
そして・・・2012年はもう始まっています。
今年もホノルルに参加したいです!!
笑顔でゴール!!は次へのスタートでありました。

斎藤先生,,スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

Ka-ru



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンは夢のような出来事でした。
本当に素敵な「場」を与えてくださったmomonaに感謝です。
仲間がいたから最後まで走りきることができたと思います。
走ることが本当に嫌いでしたが、今は走ることがかなり好きになりました。
記録だけではないマラソンの楽しさをmomonaに教えていただきました。
これからも地道に走ることを続けていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
M

--------------------------------------------------------------------------------

*
3年前にホノルルマラソンに出場する友達の応援で10km.ウォーキングを体験しましたが、
やはりホノルルは走らなければ・・・と思いいつかは出てみたいと思っていました。
でも、子供の頃から運動神経はゼロ!特に長距離は大嫌いだった私がマラソンなんて到底無理というのが本音でもありました。
いつかはなんて言っていてもいつかは一生来ない!そう自分にいい聞かせて
とりあえず予約はとったものの1ヶ月前までにキャンセルすれば大丈夫みたいな気持ちもかなりありました。
やってみたいという気持ちと無理という気持ちで思い悩んでいるときにmomonaを知り、とりあえず行ってみようと講習会に参加させていただいたのが10月。
斉藤さんの「発車のベルがなってはいるが、まだ間に合います。」と言う言葉に背中を押してもらい何とかホノマラを現実のこととして練習を始めました。
それもつかの間、今度は膝を痛めて練習出来ず、本当に不安の連続でした。
私の中では斉藤さんはmomona教の教祖でした。
とにかく腹筋とスクワット!斉藤さんの言うとおりやっていれば何とかなる!
そんな気持ちで頑張りました。
何時間で完走したい!なんて無謀な望みではなく「笑顔でゴール」を目指しました。
スタートから6時間半チームについて行き順調に走っていたのですが、
ハーフ手前で足が攣ってしまいストレッチをしてはまた走りまた攣ってと必死であがいているときにmomonaの○木さんが声をかけて下さいました。
そういう時はもう無理をして走っても駄目だからとにかく歩きましょうと!
それから4時間!二人で全く休まず歩き続け途中もうひとりmomonaの女の子も入れて3人で無事「笑顔でゴール」することが出来ました。
でも、やはり時間はともかく歩かず完走もしてみたい。
ホノマラから早1ヶ月以上が過ぎてもまだ何もする気にならない私ですが、今年もう一度チャレンジしてみたいという思いでいっぱいです。
その時はやはりmomonaでお世話になりたいです。
斉藤さんありがとうございました。
そして、また、よろしくお願いします。
S



--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチ、津金トレーナー、ゆかこさん、井上さん始めスタッフの皆様。
本当にお世話になりました。
とっても楽しい初フルマラソンでした。
ありがとうございました。

20㎞過ぎから膝が痛くなり、後はほとんど歩いたので、
完走というよりも完歩。でも目標だった「笑顔でゴール!」は達成できました。

「最初できっと最後のフルマラソンになるかも?」と思ってスタートラインに立ったのですが、
フィニッシュゲートが目に入った瞬間、
「もう一度この場所に戻ってきたい!今度は歩かずに完走したい!」

そんな想いが自然に湧き上がってきました。とっても不思議な感覚でした。
これはきっと斉藤マジック?!

でも、きっと覚めることのないステキな魔法に掛ったのでしょうね!
とっても幸せな気分が続いています。

フルマラソンは孤独でしんどいもの、何百キロも走りこまなければ・・・・等々。
それまでにイメージしていたもの(今も多くの人が思っている)とは全く違いました。
それは、Momonaが教えてくれたこと。

仲間がいることの心強さ、安心感、自分を信じることの大切さ、フルマラソンに対する心身の準備の仕方。
走ることの楽しさ!
数え上げればキリがないくらい・・・・

きっとこれからも何らかの形で走り続けたいと思っています。
出来ることならMomonaの仲間と一緒に!

ありがとうございました。
Thank You!
Merci!
謝謝!
Danke!
Gracias!
Mahalo nui loa!
O



--------------------------------------------------------------------------------

*
Momonaに出会えたことに感謝しています。

きめ細やかなアドバイスがとても参考になりました。
10キロまでしか走ったことがなく、大会にも出たことがなく、
そんな私でも無事ゴールすることができました。
フルマラソンの翌日帰路に就き、帰国した翌日から筋肉痛もなく
普通に出勤できたことに本人も周囲もビックリ!

コーチやトレーナー、スタッフの方々との出会いはもちろんのこと
仲間との出会いも貴重なものでした。
皆さん良い方ばかりで、
マラソン以外の時間も楽しく過ごすことができました。

色々な場面で沢山の気づきがあり、
これから仕事に、生活に活かしていきたいなぁと思いました。

次回フルマラソンの目標は歩かず完走!
その目標に向け、走り続けます。
MS



--------------------------------------------------------------------------------

*
「私たちとホノルルマラソン」

きっかけは去年の今頃。Yのこの言葉でした。
「私、ホノルルマラソン走りたいねん!!」
その時、TとSとK(私)は「なんでまたホノルルマラソン!?」と思ってました。
するとYは、「ゴールしたら、何か見えるような気がするねん!?」と言いました。
「ゴールしたら何が見えるのか?」
とりあえず、万博記念公園外周を走ってみよう!

そこから私たちのホノルルマラソンへの道のりがはじまりました。
ある日、Yが見つけてきたmomonaランニングクラブ。

この出会いが、全然想像もしてなかった私たちをホノルルマラソン(完走)へ導いてくれました。
まずは初心者講習会からの参加でした。
今思えば、はじまりはいつも雨!?

初心者講習会の雨に始まって、ランニングフォーム講習会の激しいゲリラ豪雨。10月、11月の土曜日はほぼ雨ばっかり。
多少の不安は抱えつつ本番を迎えてしまいました。

2011年12月11日午前5時。スタート地点に立ったあの緊張感、ゴールが見えてきた時の何とも言えないあの感動、そしてスタートしてから7時間35分でゴール。
その先に見えたもの…。
今でも覚えてます。
途中の苦しかったこと(またしても雨…。)を忘れるくらい!?

笑顔で無事ゴールができたのは、斉藤コーチはじめ、momonaランニングクラブの皆さまのおかげです。
ありがとうございました。

仲間と一緒に走ることで、より楽しく走ることができ、6日間ととても短かかったツアーは、笑いの絶えないすごく充実した日々でした。
個人的には、ホノルルマラソンに誘ってくれたY、ツアー中いろいろ笑わせてくれたTに感謝です。

参加はできなかったけど、ランニング中に迷子になったり、いろんな話題(笑い)を提供してくれた“ささきさん”、
送り迎えしてくれたYのだんなさま、家でお留守番してくれたTの愛息Sくん、協力してくださった皆さまに感謝感謝~。
言い出しっぺY・巻き込まれKより



--------------------------------------------------------------------------------

*
ホノルルマラソンをけがなく、笑顔でゴールできたのは、斉藤コーチを始めMOMONAのスタッフの皆様、MOMONAチームの皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

1年前、ホノルルマラソンに何となく行ってみたくなり、本を見ながら1人で練習を始めました。
その頃は100メートルを走っただけで息切れをしてました。

その後、7月にMOMONAを知り、始めて練習会に行ったときはとっても不安でしたが、いつの間にか練習会に行くのが楽しみになりました。
コーチからのメールや練習会での仲間からいろいろなことを教えていただき本当に感謝です。

ホノルルマラソンの当日、体調が悪く一緒に歩いていただいたのは始めて会う東京の方でした。
その方に声を変えていただいてから元気が出て、途中から走れるようになりました。

きっと1人で大会に出ていたら、完走できなかったです。
所々で会うMOMONAの皆様の声や応援が完走に結びつきました。

MOMONAで走れて本当によかったです。
今回は半分歩いたので、次回は42.195キロ完走できるように挑戦したいです。
YA


--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤様 津金様 トレーナーの皆様
本当にお世話になりました。

モモナには7月のホノルルマラソン説明会とフォーム講習会に参加しただけの、
幽霊部員でした・・・。
でも、後輩とふたり、笑顔でゴールできたので充分です。
ありがとうございました!
『ホノルルマラソン笑顔でゴール』が2011年の目標だったので、
達成できた今、すっかり燃え尽き症候群なのですが、
昨年、勢いでもう一つ、エントリーしていたマラソン大会が段々と近づきつつあるのです。。
3/11の名古屋ウィメンズマラソン。
今度こそモモナの朝練に参加し、自信を持って大会に臨みたいです。
今後ともよろしくお願いします♪
KN


--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチ、momonaスタッフの皆さん、ホノルルでは大変お世話になりました。

結婚25周年の記念に夫婦で参加しました福岡Y(夫)です。
昨年の5月に思いつきでホノルルマラソン参加を決め、ネットでmomonaと出会ったのがドラマの始まりでした。

二人とも走るのは大嫌いでまったくの初心者、かつ妻はとってもふくよかな体型(笑)
二人ともウォーキングからスタートし徐々に週末に軽く2~3kmの軽いジョギング。
まずは妻が6月に琵琶湖合宿に参加しランニング・フォームを学び、それを私に伝授して貰うも「どうも内容が信じられず、納得できず!」
ところが妻は、まるで新興宗教に入信したかのように変なフォームで走り、メール講習の内容を100%忠実に実行。
マラソン・スクワット、ゆるい練習量、シューズ、サプリメント、ミネラルウォーター、・・・etc.
斉藤コーチに、「30万円の壺を買いませんか?」と言われたら買ってしまうのではと心配になるほどの素直さ。(僕にもこのくらい素直であって欲しい)
とはいえ、自分も走ることに関しては何のノウハウも持ち合わせていないので、妻の強い勧めもあって7月に「ランニングフォーム講習会」に参加。
100%納得できた訳ではないが、こうなれば「毒を食らわば皿 までも」の心境になれたのが今思えば良かったのかも(笑)
週末メインで練習を続け、本番までに走った最長距離は10kmを3回程度、あとはせいぜい5~6km走る程度でペースは僕が7分/kmで妻が8分/km。
これで本当にホノルルを完走できるんだろうか? 
と、ずぅぅ~~~と不安いっぱいでホノルル入り。

そしてマラソン本番、30km過ぎたあたりから妻がガクンとペースダウンするも自分は妻のペースで走っているので全然余裕。
僕は何とか6時間台でゴールしたいと思っていたので、そこから妻の手を取り引っ張って行く。
24時間テレビ「愛は地球を救う」のマラソン・コーチ坂本さんと自分がかぶってしまい、
エンディングテーマの「サライ」を口笛吹きながらゴールまでの10kmほど妻の手を引っぱり続け、やっとこすっとこゴール!
(給水所毎に妻を休ませ甲斐甲斐しく水を取りに走ったりしたので、総走行距離はなんと44km/GPS機能付きランニング・ウォッチより)

タイムは6時間37分!、まぁ上出来か。。

妻は感動で号泣、僕は妻をエスコートして無事二人で一緒にゴールできた男の役目が果たせた安堵感で「ホッ」と笑顔。

◎コーチの指導に素直だった妻は「泣き顔」でしたが、最後まで疑り深かった僕は「笑顔」でゴールしました斉藤コーチ!(笑)

日本に帰って来て、じわじわと時間がたつにつれ斉藤コーチの「マラソンは科学」理論の凄さに感じ入るとともに、本番までのコーチングからマネージメント、
仲間との交流、そしてハワイ観光から帰国後のアフターフォローまで、momonaに参加して本当に良かったと思います。
初マラソン、初ハワイの私たちにとって緻密に計算されたスケジュールと愉しいオプションのお陰で、中身の濃い素晴らしいハワイを満喫することができました。

終わってみて、やっと信じることができました。momona恐るべしです(笑)
斉藤コーチ、ありがとうございました。

最後に、「This is Hawaii」と「ハワイ満喫バスツアー」と2度のバスツアー参加で、ボランティアでバスガイドまでして下さった素敵な山本さん、
まとめ役の井上さん、そして素晴らしいスタッフのみなさん、本当にお世話になりました。ありがとうございましたm(__)m



--------------------------------------------------------------------------------

*
斉藤コーチ、何度も福岡にて指導して頂きありがとうございました。
ボランティアでお世話して下さった小笠原さん・山本さん、金子さん、井上さん、ありがとうございました。安心して素敵な時間を過ごせました。
トレーナーの花原さんと小野塚さん、マッサージやテーピング、沿道での応援有り難う御座いました。すごく力になりました。

おかげさまで、初めてのフルマラソンを主人と二人で笑顔で完走(少し歩きましたが)出来ました。
実は、主人から、「もし完走できなかったら旅行費用は出して貰うからな」と脅されていたのですが、
無事ゴールできたので、へそくりが減らずにすみました。エヘッ!
しかし、半年前までは、フルマラソンを走るなんて100%無理でしょう、と思いながらも、斉藤コーチの教えを「信じて、信じて、信じて」、
ゴールでき、しかも体重が食事制限を一切せずに5ヶ月で9㌔落ちました。
目的は決してダイエットではなかったので本当に嬉しかったです!!

6月に琵琶湖合宿へ参加した時は、皆さんの真剣さにびっくりで、かなりお気楽な気分で参加してたので良い刺激を受け、
7月にホノルルマラソンへの申し込みをしてからは、もう後には引けないと覚悟を決めました。
斉藤コーチからのメール等での指示を守って、スクワットして、腹筋して、ウォーキングして、ジョギングしてと、
練習をコツコツ・黙々と実行してるうちに、知らず知らずだんだんと走る事が愉しくなっている自分がいました。

 最後に、私の遅いペースにつかず離れず寄り添って、
給水所で必ず水を取ってくれたり沿道の方からもらったお菓子やキャラメルを口に入れてくれたりして、
ずーっと手を引っ張って励ましてくれた主人に感謝感激です。
ゴールでは、いろいろな思いが込み上げてきて泣いてしまったけど、ご主人様ありがとうごさいました。
6時間37分でゴール出来たのは彼方のおかげです。
ホノルルから日本に戻って、日が経つにつれまた行きたいという思いが強くなってくる今日この頃です。
ご主人様、今年もよろしくお願いします m(_ _)m

--------------------------------------------------------------------------------

*
大変遅くなりましたが、ホノルルマラソン、リタイヤせず無事笑顔で完走(?)
出来ましたこと心からお礼申し上げます。

今まで大阪城での練習、諏訪湖合宿ではいろいろとトレーニングをしていただきながら
なかなか不調から抜け出せず苦労をしましたが、ホノルルマラソンに参加したことで
諸悪の根源が腰部脊柱管狭窄症であることが分かりました。

ホノルルマラソンではいろいろ苦労は有りましたが、途中同じMomonaのメンバーと
ゴールまで声を掛け合い、励まし合いながら楽しくゴールできましたし、
ホノルルマラソンに参加したことで初めて諸悪の根源が分かりましたので
私には意義のあるマラソンとなりました。

ホノルルマラソンでは、第一回目のトイレ休憩所(14km地点、カハラ地区でしょうか)
で太ももにかなり負担が来てしまい、後続の庄司さんに冷却スプレーを手伝っていただき、
小休止の後走りましたが、腰から下が完全にシビレ、加えて痙攣と痛みのためゴールまで何度も何度も途中の芝生で靴を脱ぎ、
太もものストレッチ、中臀筋のストレッチを繰り返しながら歩いては走り止まってはストレッチといった感じでリタイヤせず7時間34分でゴール出来ました。

帰ってからも腰から下のシビレが取れないので、日赤でMRI検査を受けましたところ、
腰部脊柱管狭窄症であることが分かりました。

医者は、原因は年齢的なものか、他の何らかの物理的なことなのかは分からないそうですが、いずれにしてもこの状態ではおそらく国内のマラソンなら、
10km行くまでに間違いなくリタイヤですがホノルルマラソンという雰囲気がリタイヤせずに完走させたんでしょうと言ってくれました。

私の中には昨年の1月5日にMomonaに入らせていただき、ホノルル当日まで、いろいろと
指導いただきトレーニングを積んだという自負がありましたから、6時間の目標は無くなっても
負けるわけには行かない、絶対リタイヤしない、笑顔でゴールしたい、完走写真を皆さんと
一緒に撮りたいと言う強い信念が無事ゴールさせてくれたと思っています。

現在、腰とお尻にブロック注射を4本打ち薬も飲んでいますが今のところ効果が出ていません。
それで今はジョグ及び長時間のウォーキングは禁止と言う状態ですが、保存療法で行くのか、
手術になるのか暫く様子を見ることになりますが、出来ればいつかまた走りたい、是非
6時間完走でリベンジしたい、そう願っています。

本当にいろいろと有難うございました。

大阪 O


--------------------------------------------------------------------------------

*
<2011年momonaホノルルマラソンに参加して>
健康維持のため4年前から始めたジョギング、3年前に国内のフルマラソンが初参加。
その時はグタグタになりながらやっとのゴール。それっきり燃え尽き症候群で走ることから遠ざかってました。
なんとなくいつかは行ってみたいと思っていたホノルルマラソンですが、
昨年9月末にふと思い立って一人参加でも楽しめそうなツアーを探していたところ、見つけたのがこの「momonaのホノルルマラソンツアー」でした。
膝も痛めていたし、練習不足でしたが、毎日届くメルマガと、出発前の数回の講習会で斉藤コーチからランニングホームの指導を受け、
そしてどんなに不安な気持ちをぶつけてもいつも「大丈夫です、心配いりません、走れます」と揺ぎ無い自信に満ちた助言が何よりも本当に心強かったです。
少し緊張しながら臨んだホノルルマラソンでしたが、一言で言うと「本当に楽しかった!!」
200名近い仲間と、斉藤コーチ率いるスタッフ陣、そして何より仮装した斉藤コーチと楽しく安心して走れたことが一番大きかったです。 
あんなに準備不足だったのにテーピングの効果もあり笑顔で完走できるなんて!そしてこんなに走るのが楽しいって思ったのは初めてでした♪ 
また是非参加したいと思っています! これからも宜しくお願いします♪ MY
Y


2009年感想文  2010年感想文
top