ウォーク & アート
WALK & ARTの今後の予定です
申込
7月10日日曜日
西洋美術館(上野)
『自然と人のダイアローグ』
参加費:4,000円 別途入館料が必要です

ファン・ゴッホが晩年に取り組んだ風景画の代表作
《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》がドイツより初来日
ドイツ・ロマン派から印象派、ポスト印象派、20世紀絵画まで、
100点を超える作品によりヨーロッパの自然表現を紹介します
9月11日日曜日
東京都美術館(上野)
『ボストン美術館展 芸術×力』
世界有数のコレクション ボストン美術館から古今東西の傑作集結
参加費:4,000円 別途入館料が必要です

当初の予定から2年越しで開催される本展では、世界有数のコレクションを誇るボストン美術館からエジプトのファラオ、
ヨーロッパの王侯貴族から日本の天皇、 大名をはじめ、古今東西の権力者たちに関わる作品を紹介します
彼らが時に政治や外交に利用し、時に愛で、時に自らがたしなみ育んだ美術品およそ60点が展示され、
その半数以上が日本初公開となります
11月13日日曜日
アーティゾン美術館(東京駅)
『パリ・オペラ座−響き合う芸術の殿堂』
参加費:4,000円 別途入館料が必要です

19世紀から20世紀初頭。
これはロマンティック・バレエ、グランド・オペラ、バレエ・リュスの時代にあたります
フランス国立図書館をはじめとする国内外の作品により、芸術的、文化的、社会的な視野からパリ・オペラ座の多面的な魅力を紹介し、その歴史的な意味を明らかにします
申込
来年
東京都美術館(上野)
エゴン・シーレ展
2023年1月26日(木)~4月9日(日)