歴史探走! 奈良エンジョイツアー
申込
奈良の歴史を走って巡る3日間
 
東大寺、法隆寺、春日大社、平城京跡、古墳群、寺社や史跡!
 
御朱印が10箇所の寺院でいただけます
 
3日間違うコースをラン&ウォーク!
 
若草山&春日山で森林浴ウォーキングも楽しみます!
 
今回はお寺や仏像の見学も多くあるので、簡単&わかりやすく仏像の見方をレクチャーします
ポイントを理解すると仏像を見るのが楽しくなります
(???仏像の世界にも序列があるのはご存じですか???)

実施日時:6月4日土曜日~6日月曜日 1泊2日/2泊3日 朝食付
参加費:1泊2日35,000円 2泊3日55,000円
(税込み、保険代込み)
実施場所:奈良市内
宿泊ホテル:奈良ロイヤルホテル
〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町254-1
TEL:0742-34-1131(代表)
近鉄奈良線「新大宮駅」徒歩10分
2名1室利用のホテル
個室も承ります(+15,000円/1泊につき)
駐車場あり(500円/日)
定員:30名
最低実施人数:10名
東京方面からのアクセス 
移動時間約3時間(乗り換え時間含む)
京都駅まで新幹線で移動 京都駅で近鉄特急に乗り換え約40分
申込

スケジュール(予定)
6月4日土曜日
10:15 近鉄奈良線「新大宮駅」集合
ホテルへ移動
11:00 春日大社参道と若草山コース6.2キロ
近鉄奈良駅スタート。国宝五重塔脇を歩きます
影向の松は芸能の神のよりどころとされています
春日大社の白壁と朱色の柱を見ながら若草山を目指します
13:00 ランチ(実費)
14:00 午後の部スタート
ランニングチーム
歴史探索コースランニング約15キロ
奈良市制定の「歴史の道」の一部を走ります
秋篠寺、不退寺、般若寺の神社仏閣、
平城京跡や東大寺正倉院などを巡るコースです
近鉄西大寺駅フィニッシュで帰りは電車移動します
ウォーキングチーム
平城京跡を巡ろう
羅城門、朱雀門、朱雀門広場でティータイム
近鉄奈良駅スタート→大安寺→羅城門→朱雀門
行程約10キロ
途中でスイーツを食べながらウォーキングします
17:00 チェックイン
19:00 夕食実費
21:00 終了

6月5日日曜日
5:30 朝ラン&ウォーク 平城宮跡周辺約5キロ
7:00 ホテルで朝食
9:00 法隆寺へ向かう富雄川堤防コース約15キロ
近鉄富雄駅スタートで富雄川沿いを法隆寺に向けて走ります
飛鳥時代に建立された三重塔が現存する法起寺や聖徳太子の御子、山背大兄王が創建したとされる、法輪寺などを走ります
のどかな田園風景の中を走ります
12:00 道途中でランチ
13:00法隆寺着
法隆寺観光
14:00電車でホテルまで移動 法隆寺→奈良約12分
15:00ごろホテル着 
1泊2日の参加者は解散

2泊3日コースの方
ホテル着後はフリータイム
18:00 夕食 実費
21:00 解散
6月6日月曜日
5:00 希望者でランニング約10キロ
7:00 ホテルで朝食
9:00 春日山原始林森林浴コースをウォーキング約13キロ
休憩所で柿の葉寿司を食べよう
首切り地蔵、夕日観音、寝仏などの史跡があります
若草山山頂まで足を延ばして絶景を見る予定!!
14:00 絶品かき氷を食べよう
15:00 ホテルに戻り荷物ピックアップ
16:00 解散
*天候などによって変更になります。

今回巡る寺社(予定)
春日大社 御朱印〇
世界遺産「古都奈良の文化財」であり、 奈良時代に平城京の守護と国民の繁栄を祈願する為に創建され藤原氏の氏神を祀ります
全国に約1000社ある春日神社の総本社であり、主祭神:武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使としています
中門・御廊の赤白コントラストは有名
興福寺 こうふくじ 御朱印〇
法相宗の大本山である興福寺
その前身である「山階寺(やましなでら)」は、天智8年(669)に藤原鎌足が重い病気を患った際に、
夫人である鏡女王が夫の回復を祈願して、釈迦三尊や四天王などの諸仏を安置するために造営したものと伝えられています
国宝 五重塔、三重塔、阿修羅像、東金堂など多数
秋篠寺 あきしのでら 御朱印〇6月6日のみ
光仁天皇(こうにんてんのう)・桓武天皇(かんむてんのう)の勅願寺
本堂は国宝に指定され苔の寺として有名です
秋篠寺で最も有名な仏像は、本堂左端に立つ伎芸天像(重要文化財)
そのしなやかな立ち姿は「東洋のミューズ」との称賛を受けるほど見事
御霊神社 ごりょうじんじゃ 御朱印〇
霊安寺から800年に勧進され、御霊会が行われていました
かつては元興寺南大門前にあり、その門前は井上町と呼ばれています
奈良の町には南の出入口として三つの街道があり、疫病の侵入を防ぐための御霊会が営まれ
上つ道に早良親王を祀る崇道天皇社、中つ道に井上皇后を祀る井上御霊社、下つ道に他戸親王を祀る他戸御霊社(現・井上神社)が造営されました
この井上御霊社が当社のはじめです
近年では恋愛成就の神社として有名
般若寺 はんにゃじ 御朱印〇
629年、 日本「三論宗」の初祖、高句麗の僧、慧潅法師がこの地に瑞祥を見て「般若台」と号する精舎を開創したことが当山の起源とされます
重要文化財 十三重石塔、本尊の文殊菩薩騎獅像、白鳳仏
国宝 楼門
不退寺 ふたいじ 御朱印〇
法華寺・海龍王寺と共に「佐保三観音」の一つとされ、在原業平が暮らしたとされる寺院です
花の寺としても有名
重要文化財 聖観音菩薩立像、多宝塔
東大寺 とうだいじ 御朱印〇
世界遺産「古都奈良の文化財」の一部として登録されている日本人のほとんどが参拝した事がある華厳宗総本山の東大寺です
「奈良の大仏さん」と親しまれた盧舎那仏(大仏)を本尊とし、大仏を安置する金堂(大仏殿)は世界最大級の木造建築物として有名です
国宝 大仏殿、正倉院、南大門、法華堂、四天王立像、金剛力士像など
法隆寺 ほうりゅうじ 御朱印〇
現存する日本最古の木造建築物と知られ、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」として世界遺産に登録されている聖徳宗総本山の寺院です
多くの国宝を有し、国内では1ヶ所における国宝建築物、国宝仏像が共に1番多く指定されています
国宝仏像 17点
国宝建造物 五重塔、南大門、鐘楼、聖徳太子像など
法起寺 ほうきじ 御朱印〇
世界遺産
この地は聖徳太子が法華経を講じた「岡本宮」を寺にに改めたものと伝えられ、
法隆寺、四天王寺、中宮寺などと共に、太子御建立七ヵ寺の一つに数えられる国内最古級の寺院です
現存する国内最古の三重塔や、重要文化財に指定されている十一面観音像などが見どころです
国宝 三重塔
重要文化財 十一面観音像
法輪寺 ほうりんじ 御朱印〇
法輪寺の創建は飛鳥時代に遡り、聖徳太子の御子である山背大兄王が太子の病気平癒を願ってその子由義王とともに建立されたと伝えられます
また一説に、百済開法師・円明師・下氷新物三人による建立したとも伝えられます
重要文化財 薬師如来座像、虚空蔵菩薩立像
申込