ももな Momona ホノルルマラソン ツアー

質問集

相部屋希望ですが、他の参加者がいなくて相部屋希望が一人の場合はどうなるのですか?
相部屋希望でお申込いただければ、一人でも相部屋料金で参加できます。



3人で参加ですが、ホテルはトリプルの設定はありますか?
全ホテルともトリプルは可能です。ただし、参加費は同額になります。



参加費にはケア代金は入っているのですか?
参加費一覧の金額はケアコースの金額になります。
ケア費用は含まれています。



ケア・コースとは何ですか?
ケアコースは、初心者の方がホノルルマラソンを走るために
5
ヶ月前から国内では各種トレーニングや講習会を開催して
その方の走力にあったトレーニング指導を行っていきます。
現地、ホノルルではテーピング、完走後にはマラソンマッサージ、ストレッチ、アイシング等を
徹底してケアを行います。
このサービスが付いたコースをケアコースと呼びます。
他のツアーではない、Momonaの専門であるスポーツ医学を駆使したケアコースです。



航空会社の指定をしないといつ頃、フライトScheduleが決まるのですか?
ツアーの場合、通常出発の2週間前ぐらいに決まります。
参考までに現行のフライトスケジュールをご覧ください。
例年、極端な時間変更はないです。



大会エントリーは直接に個人で申込むとどうなりますか?

(ホノルルに着く飛行機の時間にもよるのですが)
自分でエントリーをすると、ゼッケンはご自身で取りに行くのですが
取りに行く時間がケアの時間帯と重なります。
到着後の大切なケアができないことになります。
この様な事情でMomonaでは代行申込で申し込むことをお願いしています。

ゼッケン受け取り場所はハワイコンベンションセンターで行います。
ホノルルを詳しい方なら簡単なのですが、当日、歩いていくと3q、1時間ほどかかります。
バスもあるのですが、便数が少なく、乗るまでにかなり並びます。
タクシーだと片道10ドル弱かかります。帰りは拾いにくいです。

また、完走の受け取りが翌日月曜日にあるのですが
受け取りに午前中だと1時間から2時間ぐらい午後でも1時間前後かかります。
そうすると、月曜日のMomonaのイベントのビーチパーティーに参加できなくなります。
Momona
としては代行申込をお勧めします。




JALホノルルマラソンを走るには、出発日はいつが一番いいのでしょうか?
Momona
ならどの日の出発日でも大丈夫です。
Momona
では、各出発日とも現地に到着した日から前日まで時差ボケ対策とコンディション調整を行います。
ホノルルマラソン前日までの毎日、午後にカピオラニ公園で行います。
ご希望の方は無料で参加できます。

海外マラソンの難しさは、
日本で作り上げた実力をいかに当日に発揮できるコンディションを整えられるかにあります。
避けられない時差、移動による疲労、急激な気候変化・・・
それらの要因を科学的に考え、短い時間でより完璧なコンディションに持っていくためのプログラムです。
安心してご都合に合わせて出発日をお選びください。



JALホノルルマラソンに以前参加した友人から聞いたのですが、
スタート地点でトイレに行ったら1時間近く並び、そして入ったら非常に汚くて・・・
と聞いたのですが。


確かにそのように聞いています。
Momonaランニングクラブでは、参加者の80%が女性です。
この点を憂慮して、スタート地点の高級ホテルを借りれるようにしています。
トイレはきれいで、長時間並ぶことはないです。



以前、マラソンを完走したあと、筋肉痛でその日の夕方から階段が下りれず、足を引き摺りながら歩いた辛い思い出があります。
テーピング、パーソナルストレッチのケアがありますが、実際には完走後、どのような感じなのでしょうか。

ほとんどの方がが、大きな筋肉痛もなく、普通に歩けます。
Momona
ツアーでは、完走した翌日、早朝ウォーキングを行っています。ほぼ全員の方が参加されます。
皆さん、ほとんど筋肉痛はなく、清々しいホノルルの朝をウォーキングします。
テーピング、マラソンストレッチ、アイシングの効果はかなりあります。
科学的なケアの効果は絶大だと思います。



JALホノルルマラソンは、マラソン初心者には難しいのでしょうか?
大丈夫です。

ホノルルマラソンは初心者でも楽に参加できます。
Momonaランニングクラブの趣旨は初心者やマラソンを楽しむ方々への
マラソン普及と言うことを目標に活動を行っています。
参加者はほとんどの方がが初マラソンです。

特色として
9月から練習を国内で行っていきます。
東京、大阪で講習会を行います。
お住まいが遠い場合でも、メールで細かく練習スケジュールを作ります。
(下記のメールで講習会をご覧ください。)
http://www.honolulu-marathon.com/2013/mail-school.html

今から3ヶ月間、週に数回、ゆっくりと練習をしていけば
当日、さほど負担なく楽しく走れると思います。
(42kmを走るので体は疲れますが、でも楽しいです。)

当日はランニング・コーチが初心者と一緒に6時間を目指して走ります。

一緒に走ることで、前半のペースを乱す事はありません。
*マラソン初心者が失敗する一番の原因は前半を速く走ってしまう事です。
前半に体力を使いきってしまい、30km前後で歩いてしまいます。
これを防ぐために、前半は一定のペースでゆっくりと走ります。

当日朝のテーピング、完走後のマラソンストレッチ、アイシング等の徹底したケアにより
完走後、普通だと足が筋肉痛でロボット歩きになってしまいますが、
ほとんど筋肉痛も残ることなく、翌日からも快適に過ごせます。

Momonaランニングクラブでは、完走後みんなで楽しく過ごす事を徹底的に追求しています。

ぜひ、ご検討してください。責任持ってケアして行きます。
時間もまだ、十分にあります。
練習する時間に限りはあるでしょうからその時間をより有効的に利用して
最善の練習をできるようにスケジュールを作ります。
必ず、笑顔でゴールできます。
そして、参加して走ってよかったという思いを持って帰国できると思います。




質問です。1人での参加なのですが・・・.
Momona
ランニングクラブのツアー参加者の70%前後の方が、毎年一人での参加です。
全員が顔を合わせるのはホノルル空港からです。
しかし、帰国する時はみんな涙のお別れです。

マラソン完走後、いろいろなアクティビティーを行います。
翌日のBBQパーティーを始めどなたでも気軽に参加できる企画を計画しています。
また、滞在期間中、夕食なども希望者を募り皆さんと一緒に行きます。



そのほかご質問はクリック
遠慮なくお尋ねください。
TOP

Copyright (C) Momona All rights Reserved.